ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ
【第17回】 2015年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤スティーブ

10ヵ月で買収総額1兆円超え!
例年になく盛んなスタートアップのM&Aと日本-イスラエル交流

1
nextpage

イスラエルスタートアップの買収が今年は例年以上に盛んで10月末までで既に総額1兆円を超えた。その現状報告と、日本とのビジネス交流が活発になりつつある現在進行形のプロジェクトをお伝えする。

2015年、買収された企業の総額は既に1兆円越え

 今年も10ヵ月が経過したが、すでに600社以上スタートアップが設立されており、年末までには例年通り、800社程度のスタートアップが設立されるだろう。

 

 まずは、注目企業を何社かピックアップする。イスラエルの十八番とされるサイバーセキュリティ関連ではCato Networks社、Illusive Networks社、フィンテック関連では、マイクロソフトベンチャーズから支援も受ける海外送金のCovercy社、IoT関連であれば、イスラエルの技術系大学テクニオン大学のアクセラレータプログラムBizTecの支援を受けるバイオセンサーのInvivo社、エンタープライズ系ビックデータ関連のEqualum社などだろうか。製品未開発の企業は多いが、現地ではメンバー構成から注目を集めており、こうした企業は、将来グローバル企業に買収をされる筆頭候補となってくるであろう。

 今年は、そうしたスタートアップ企業の買収(M&A)も、例年になく盛んである。2015年10月末時点で、イグジット(EXIT)総数は93件(M&A85件、IPO 8件)と、すでに100件に迫る勢いである。イスラエルでは企業は年間800社~1000社程度設立されるので、その8分の1程度が買収されていることになる。

 イグジット総数の9割以上は、スタートアップが買収されるM&Aで構成されており、買収額公開案件75件だけを集計すると、すでに総額1兆円以上(87億5200万ドル)となる。

 上位10社だけで、50億ドルを超え、上位20社で70億ドル以上。上位20社、件数では2割程度であるが、買収金額の8割を占める。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
SPRINT 最速仕事術

SPRINT 最速仕事術

ジェイク・ナップ 著/ジョン・ゼラツキー 著/ブレイデン・コウィッツ 著/櫻井 祐子 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
グーグル式、最速で最も重要なことをする仕事術! アイデアの発案から問題点の発見、解決、検証まで、すべてを全力疾走(スプリント)で行い、たった5日で世界を変えるすごいものを生み出す方法。戦略思考、イノベーション、行動科学、デザイン思考……最新のビジネス科学のすべてを網羅した究極のノウハウ!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/9~4/15)




サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ

日本にとって距離的にも心理的にも遠い国、イスラエル。だが、最先端技術を有するスタートアップ企業を輩出する「発明大国」であることは世界で認知されており、インテル、グーグルなど米ハイテク企業の多くがイスラエルに研究開発拠点を置く。韓国のサムスンも既に10年前に進出している。日本企業にも最近ようやく動きが出始めたイスラエル技術を取り込む方策を、イスラテック・加藤スティーブ氏が提言する。

「サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ」

⇒バックナンバー一覧