ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
東京23区 データで分かる区の実力

千代田区――皇居も議事堂も抱える“日本のヘソ”は、23区中人口最少

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員],東京23区研究所,フィルモア・アドバイザリー
【第4回】 2010年5月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 昼は“過密都市”、夜は“過疎地”。ここには皇居あり、東京駅あり、霞が関官庁街あり、国会議事堂あり、最高裁判所あり、丸の内・大手町のビジネス街あり、国立劇場あり。大学も多い。

 加えて、最近は「アキバ(秋葉原)」が脚光を浴びる。東京の、と言うより、日本のシンボルのようなステイタスを持つ区である。

人口最少で市にもなれない巨大な区

 千代田区の人口は5万に満たず、地方自治法上の市制要件に足りない。23区でも最少の人口だ。人口密度も最も低く、世帯数も最も少ない。

 だが、夜が明けると、80万を超える膨大な人口を呑み込む。夜間(常住)人口(100)に対する昼間人口の比率を示す「昼夜間人口比率(昼間人口指数)」は2047.3、昼は人口が夜の20倍に膨張するのだ。第2位の中央区では659.5、3位の港区となると489.4。千代田区は突出している

 “日本のヘソ”であるだけに、トップとなるものは十指に余る。まず、医療機関などに関わるもの。人口1万人当たりの病院数、診療所数、病床数、医師の数、歯科医の数、薬局の数、薬剤師の数、看護師の数でみな23区中最多。同じく人口1万人当たり理容所・美容所の数、交番の数もナンバーワン。

 JR駅、地下鉄駅の乗車人員もともに23区中最多である。また、区民1人当たり公園面積も最も広い。人口100人当たりの自動車保有台数もトップになる。卸売業の年間販売額もまた第1位。ついでに、「ドトール」「ナチュラルローソン」の店舗数もナンバーワンだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
使えるデータ満載「東京23区ランキング」2冊同時発売中

東京23区の各区の特徴をランキングで徹底分析したデータブック「東京23区ランキング」。各区ごとにまとめた「赤版 意外な区の横顔編」(写真)と、テーマごとに区の実力をランキング化した「青版 仕事に役立つデータ編」の2冊が刊行。小口達也+東京23区研究所著。各1260円(税込)

話題の記事

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員]

一般社団法人東京23区研究所上席研究員。1978年より財団法人・東京都政調査会研究員、都市問題・自治体政策の研究に従事。87年より中央大学社会科学研究所・客員研究員、多摩地区の地域開発研究に従事。その後、フリーを経て現職。

フィルモア・アドバイザリー

2006年11月、海外機関投資家向けの独立系リサーチ会社として設立。現在は数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」、グラフ投稿サイト「Figit」の運営を行うほか、メディア向けにグラフを用いた特集記事等を配信。
フィルモア・アドバイザリー


東京23区 データで分かる区の実力

世界一の都市圏である東京。特にその中心となる23区は、データや知識を積み重ねると、それぞれの区が特徴や「区民性」を持ちながら、それぞれの土地に人やビジネスを惹きつけていることがわかる。そんな各区のデータを見ながら、歴史や周辺情報と共に、23区それぞれの特徴、「実力」を明らかにしていく。

「東京23区 データで分かる区の実力」

⇒バックナンバー一覧