ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座
【第1回】 2010年5月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田典子 [人材育成コンサルタント]

内気で口ベタでも大丈夫!
言葉を使わずに相手の心をつかむ方法

1
nextpage

口ベタだって
相手と通じ合えればいいんです

 「自分は口ベタだ」、と思っている人に話を聞いてみると、「上手な話し方を身につけたい」と考えている人が多いようです。そして実際に、「口ベタ」というコンプレックスを持っていた、この私もそう思っていました。

 口ベタな人に限らず、多くの人は「話し方のスキルを身につけたい」と思っているようで、書店には話し方やコミュニケーションを題材にした本がたくさん並んでいます。たしかに、本を読んだり、セミナーに参加したりして、スキルを学べば、会話に幅が出たり、人を惹きつけるような話し方ができるようになるかもしれません。

 でも、話し方の本で学んだからといって、すぐに話し上手になれるわけではないのも事実です。野球にたとえるなら、バッティング理論を学んだからといって、すぐにホームランを打てるわけではないのと同じです。それに、スキルやテクニックというのは、会話力を向上させたり、コミュニケーションを円滑にする手助けとなるツールですから、人によって向き、不向きがありますし、使いこなすまでにはそれ相当の練習が必要なのです。

 周囲を見回してみれば気づくと思いますが、みんなそれぞれ、話し方や感情表現の方法は異なっているはずです。おしゃべりな人もいれば、無口な人もいます。滑らかな口調で流暢に話す人もいれば、一語一語、自分の言葉を確かめるようにゆっくり話す人もいます。もちろん、話し上手な人もいれば口ベタな人もいるでしょう。

 社交的かそうでないかといった個性の問題はありますが、人は、1人ひとりが、それぞれ違ったやり方で、周囲とコミュニケーションを取っています。話し方や感情表現の方法は、その人の個性であって、人と違っているのが当然なんですね。ですから、少し乱暴な言い方をすれば、どんなコミュニケーションの方法を取ってもいいわけですし、たとえ無口だろうと、口ベタだろうと相手と通じ合えればいいのです。

 「そうはいっても口ベタより話し上手のほうがいいじゃないか……」と思われた人も多いのではないでしょうか。そう思うのは当然です。口ベタよりは話し上手のほうがいいと思うのは、当たり前のことではないかと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



前田典子 [人材育成コンサルタント]

神奈川県生まれ。上智短期大学英語科卒。都市銀行、外資系銀行、人事コンサルティング会社勤務の後独立。企業向け能力開発、個人向けコーチングを行う。コミュニケーション、モチベーションが主な活動領域。著書に「強い営業店をつくる今日からやろうコーチング!」「女性力で強くなる」(近代セールス社刊)等。Keiビジネス


口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座

「口ベタを克服したい!」と悩んでいるビジネスパーソンは多いはず。しかし、口ベタは克服する必要はありません。なぜなら口ベタでもコミュニケーション力はつくからです。この連載では、そんな口ベタなあなたに合った画期的なコミュニケーション術をお教えします。

「口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座」

⇒バックナンバー一覧