ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

伊藤忠が悲願の業界首位、ポスト岡藤に死角はないか

週刊ダイヤモンド編集部
2015年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「我々はナンバーワン商社としての自信と気概を持ち、ここで他社を一気に引き離すべく、怒涛のごとく攻勢を掛けるべきです」

 今月9日、伊藤忠商事の社員向けイントラネットに、岡藤正広社長のメッセージが掲載された。

 この日までに大手総合商社の中間決算が出そろい、業界の盟主、三菱商事が今期純利益見通しを600億円減の3000億円に下方修正したことから、同3300億円の業界3位、伊藤忠が初の「ナンバーワン」に立つことが濃厚となったのだ。2位の三井物産だけでなく、15年間トップに君臨し続けた三菱商事までをも一気に抜き去り、勝利宣言した瞬間だった。

“下克上”が起こった要因は、原油や石炭など資源価格の長引く低迷にある。

次のページ>> 岡藤社長“慢心”警戒
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧