ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

年収は?恋人は?誰も喜ばない裸…
飲み会でのめんどい言動

宮崎智之 [フリーライター]
【第16回】 2015年12月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
SとMの話題は飲み会から消えることはない。中年おっさんの性的趣向を聞いて、いったい誰が喜ぶのというのか

 今年も残すところ後わずかになった。慌ただしい年末を過ごしている人も多い中、師走になると増えるのが酒席である。クリスマスや忘年会、大晦日と12月は何かとイベントが盛りだくさんだ。

 お酒好きにとっては、たまらない1ヵ月である。一年の労をねぎらいながら職場、取引先、恋人、友人などなど、さまざまなメンバーとワイワイお酒を飲み交わす時間は楽しい。しかし、時には面倒くさい事態に巻き込まれることもある。

 突然説教をしだす上司、セクハラまがいの下ネタを語りだす同僚、泥酔して唐突に号泣しだす女友達。例をあげれば枚挙にいとまがないが、楽しいはずの飲み会が一瞬で凍りつくような場面に、誰もが一度は遭遇したことがあるはずだ。

 今回は酒席が増える12月に合わせ、「面倒くさい飲み会での言動」について調査した。ちなみに筆者は大のお酒好きで、泥酔することも度々ある。自戒の念も込めて、どんな時に「こいつ面倒いな」と思われるのかチェックしていこう。

“好みの男は誰?”ゲームを撲滅したい

 まずは筆者が面倒くさいと思う状況から。

◆この中で好みの男は誰?

 男女で飲んでいる時、しばしば発生する“好みの男は誰?”ゲーム。どうでもいい質問を吹っかけられた女性も迷惑だろうが、周囲の男性陣も寒い思いしかしない。

 だいたい、この手のことは自分に自信がある奴が言い出すのである。自分が選ばれないと知りながら、目をつむって女性の前に手をかざし、タッチされるかどうかを待たなければいけないこちらの身にもなってほしい。なぜ、告白もしていないのに振られた気分にならなければいけないのか。こういうくだらないことを言い出す男に、「おまえ以外」とカウンターを食らわす勇敢な女性はいないものか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。

「あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル」

⇒バックナンバー一覧