ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

利用するのじゃくなてく 適宜つまみ食いをする
これが私のコンサル活用法【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第60回】 2015年12月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.コンサルティング会社のマッキンゼー社のMECE(※)、ロジックツリーなど、発想を広げる考え方の枠組みがあります。堀江さんが何かの戦略を練る際、実際に利用するフレームワークはありますか。

コンサルのアイディアをうまくつまみ食いして
自己流で考えて活用するのが私の基本

A.そういった発想を広げるフレームワークなどを、意識して利用したことは、これまでに一度もありません。

 紙にキーワードをメモすることもありません。普通に頭の中で考えます。そもそも検討資料といったもの自体、そもそも作ったことがありません。

 しかし、今のような立場になるとスタッフとか外部協力者などが、そういったフレームワークに沿った資料などを使って、考え方などを提案してくることがありますので、目にすることはあります。

 私は、そうした者を活用した資料や情報を、必要に応じて適宜つまみ食いをしながら、基本は自己流で考えているというスタンスです。

 私の場合、物事の考え方は体系化されてはいませんが、まず常識を排除してゼロベースで考え直したりといったことは、よくやっています。

 また、歴史に学んだり、普通の人がやらないような突拍子もないことを考案して実際に動いてみる。そして実際に動きながら、軌道修正を重ねていくというような手法を用いています。

※MECE;Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive。相互に排他的で、しかし全体として網羅的といった意

Q.2015年の書籍のベストセラーが又吉直樹さんの「火花」となりました。芸人さんのなかには聡明な方、さまざまな才能を持つ方が多くいらっしゃいますが、堀江さんから見てビジネスの第一線で活躍する方たちと比べたとき、どのようにお考えになりますか。

両方やってみて感じたけれど
芸能界とビジネスの世界では求められるが違うんだよなぁ

A.うーん……。
 芸人さんとビジネスの世界では、「必要とされている能力が違う」というのがよいのでしょうか。

 というのも、ビジネスを展開する能力とクリエイティブ系の能力は、重なり合う部分が少ないと思います。

 ビジネスでの能力というのは、とりあえず動いてみるとか、誰とでも簡単に仲良くなれるとか、流行に敏感だけど流されないとか、情緒的ではなく論理的だとか。おそらく芸人さんたちの世界では、あまり上手くいかないような能力が求められるのだと思います。

 一方、芸能やクリエイティブというのは、演じてでもスピリチュアルだったり、情緒的だったり、庶民的だったり。そうしないと売れていかないものです。なので、ビジネスには向いていない人が多いです。

 したがって、両者を比べること自体がナンセンスだと私は思いです。ビジネスの世界では上手くいかないけれども、芸能界では成功しそうだという人はたくさんいます。とは言うものの芸能界に頭の良い人が多いと、一概に言えるかといえば、それとこれとは別の問題だと思います。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧