ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略読書
【第7回】 2015年12月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

三谷宏治氏の書斎大公開!
本の開架、分類、面陳まで、
知をオープン化する書斎術

1
nextpage

本の収納・管理は、本好きを悩ませる永遠の課題。また、天井まで本が並べられた書斎に憧れる人も少なくないだろう。無類の本好きとして知られる三谷宏治氏は、どのように理想の書斎をつくり上げたのか? 『戦略読書』から一部を抜粋して紹介する連載の最終回は、長年試行錯誤して辿り着いた、三谷流書斎術。本棚のサイズからデスク周りの環境、家族との共有法、分類・並べ方まで、写真とともにそのノウハウを大公開!(写真:京嶋良太)

仕事場は自宅の書斎。完ぺきな環境をデスクにととのえる

 私が普段、活動しているのは自宅の書斎です。会社勤め(BCGやアクセンチュア)だったときも、6時過ぎには退社して、7時以降は家だった(*1)ので、自宅の執務環境は大変重要でした。

 オフィスでも自室がありましたが、会議やなんだかんだで机に向かってやることはせいぜい、メール(1日100通以上)の返信くらい。新しい企画のために知恵を絞ったり、時間をとって資料をつくったり、文章を書いたりするのは、昔から自宅の机の上でした。 だから、自分の書斎が作業上、一番快適につくってあります。であれば、そこでやるのが当然です。

 まず、机がとても大きいのです。普通の机ではなく、通販で安い6人掛けのキッチンテーブルセット(3万円也)を買ってイスを手放し、残ったテーブルを書斎机にしていました。

 幅160cm、奥行き80cmもあるので、それだけで便利です。両脇にはガンガン、資料用の本が積んであり、正面には22インチの液晶ディスプレイが2つ並んでいます。そうすると、デスクトップの総面積は2600㎠強で、17インチディスプレイ1台の3倍に相当します。画面の解像度にもよりますが、同時に4つほどのアプリケーションの「窓」を置いておけ、いちいち「片付ける作業」がなくなります。

机の下のパソコンは、常にハイスペックマシーンでこれも作業上のストレスがありません。さらには、完ぺきなオーディオ環境(*2)がととのえてあり、気合いを入れるも落ち着くも自由自在です(笑)

 東か南側のカド部屋で、正面と左右に窓。そして左右の壁は窓の他は全面上から下まで全部本棚です。ほぼ隙間なく。

すべての壁を浅い本棚にして本の見える化を

 自分が買ってきた本で主要なものや、自分が面白いと思ったものは、なるべく「開架」したいと思っています。なので書斎だけでなく家中本棚です。

 長年の試行錯誤の末に、本棚は「奥行きの浅いものを天井まで」と決めました。造り付けの本棚も、通販で買った組み立て式本棚も、奥行きは17cmで統一です。

 文庫(奥行き10cm強)やマンガももちろんですが、ビジネス書でよくある四六判(同13cm)やA5版(同15cm弱)も、これで十分収まります。B5版(同18cm強)の大型本だって、少しはみ出すだけなのです。

 普通の棚は奥行き30cmだったりしますが、これだと手前がムダになるか、本を前後に並べると後ろの本が見えなくなります。蔵書庫としてはいいのかもしれませんが、それでは開架になりません。

 伸縮式のもので天井まで隙間なく本棚にすれば、幅75cmに文庫で600冊、四六判でも350冊が詰め込めます。天井までしっかり突っ張れば、地震のときでも、本棚が倒れたり本が落ちたりすることはほとんどありません。

 本棚に囲まれながら、これまでに読んだ数千冊の本を眺め渡します。「ああ、こんなネタもあるな」「あれとつながっているのかも」と感じて、本を手に取り、そして気になる点はパソコンですぐに調べる。そんな環境が私の発想や執筆のベースなのです。

電子書籍も見える化したい。タブレット自体を開架する!?

 書籍が全部、電子デバイスの中に入っていれば、確かに場所をとらなくていいのですが、見えないので「自分への刺激」になりません。もちろん、それもあと5年もすれば、壁一面がディスプレイになって、バーッと、「あなたが持っている本一覧」みたいな感じで、全面に映し出せるようにもなるでしょう。そうしたら変わると思いますが、それまでは「紙の本を開架」作戦です。

 といいながら、便利さに負けて(*3)すでに十数冊かは電子書籍(本や雑誌やマンガ)を買ってしまっています。そのままでは開架にならず、自分がどんな本を読んだのか、まったく目に付きません。これを少しでも紙の本の開架に近づけるために、家では(その電子書籍が読める)タブレットそのものを「開架」しています。みんなが一番集まるキッチンの壁に、タブレットを架けているのです。

 必要なのは石膏ボードに取り付けられる壁掛けフックが3つだけ。1000円もかからず、ほんの数分で作業完了です。これで少しは、この電子書籍たちがみんなの目に留まるようになるでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

1964年大阪生まれ、福井育ち。小1のとき読書と読みかじりを人に教える快感に目覚め、駿台予備校では教えることの技術に衝撃を受ける。東京大学 理学部物理学科卒業後19年半、BCG、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEADでMBA修了。
2006年から教育の世界に転じ、社会人教育と同時に、子どもたち・親たち・教員向けの授業や講演に全国を飛び回る。「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマに毎年8000人以上と接している。現在K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授(MBAプログラム)の他に、早稲田大学ビジネススクール、グロービス経営大学院、女子栄養大学で客員教授、放課後NPO アフタースクール及びNPO法人 3keys 理事を務める。永平寺ふるさと大使。
著書多数。『一瞬で大切なことを伝える技術』(かんき出版)は啓文堂書店2012ビジネス書大賞、『経営戦略全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位、ビジネス書大賞2014大賞、『ビジネスモデル全史』(同)はHBRベスト経営書2014第1位となった。
HPは www.mitani3.com

 

 


戦略読書

みんなと同じ本を読んではいけない! ビジネス、SF、科学、歴史、マンガ、心理、哲学…他。「何を」「いつ」「どう」読むかを戦略的に変えて、コモディティ化しない自分をつくるための読書法を紹介する新刊『戦略読書』から、原稿の一部を抜粋して掲載します。
 

「戦略読書」

⇒バックナンバー一覧