ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座
【第2回】 2010年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田典子 [人材育成コンサルタント]

話を真剣に聞いているように見える?
相手が好感を持つあいづちの技術

1
nextpage

大切なのは
「言葉やスキル」よりも「気持ち」

 ある金融商品の説明を聞くために、銀行へ行ったときのことです。窓口で対応してくれたのは、まだ若い行員でした。とても緊張している様子が伝わってきましたが、誠実そうな雰囲気に、私は好感を持ちました。

 「○○という商品について教えていただけますか」

と私が切り出すと、彼は、

 「かしこまりました。それでは、お客様のご要望にお応えするために、いくつかお伺いしてよろしいでしょうか」

と、いくつか質問をしてきました。

 私が質問に答えると、彼はひとつひとつ確認しながら、レポート用紙にていねいなメモを取っていきました。一通りの質問が終わると、彼はメモをじっくりと読み直してから、数種類のパンフレットを持ってきて説明を始めたのです。

 その説明はたどたどしく、お世辞にもうまい説明だとは言えません。でも、私は何の不安も不快感も覚えませんでした。たどたどしい話し方の中に、こちらのことを真剣に考えてくれているということが伝わってきたからです。

 結局、私はその商品の契約をしたのですが、どんなに流暢な説明をされても、彼に感じたような誠意を相手から感じることができなければ、契約することはなかったと思います。

 つまり、私が言いたいのはこういうことです。

 「スキルはコミュニケーションを円滑にしてくれる便利な道具です。でも、スキルよりも大切なのは、相手としっかり向き合う姿勢と、相手を思いやる気持ちです」

 どんなにすばらしいスキルを身につけても、気持ちがまっすぐに相手のほうを向いていなければ、相手と通じ合うことはできません。コミュニケーションを成立させるためにいちばん大切なのは、心を通じ合わせることです。それができなければ、どんなに高度なスキルを駆使しても、コミュニケーションは上滑りのものになってしまうのではないでしょうか。

 話し上手な人でも、口ベタな人でも、いいえ、「自分は口ベタでコミュニケーションに自信がない」と思っている人ほど、相手としっかり向き合う姿勢と、相手のことを思いやる気持ちを大切にしてほしいと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



前田典子 [人材育成コンサルタント]

神奈川県生まれ。上智短期大学英語科卒。都市銀行、外資系銀行、人事コンサルティング会社勤務の後独立。企業向け能力開発、個人向けコーチングを行う。コミュニケーション、モチベーションが主な活動領域。著書に「強い営業店をつくる今日からやろうコーチング!」「女性力で強くなる」(近代セールス社刊)等。Keiビジネス


口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座

「口ベタを克服したい!」と悩んでいるビジネスパーソンは多いはず。しかし、口ベタは克服する必要はありません。なぜなら口ベタでもコミュニケーション力はつくからです。この連載では、そんな口ベタなあなたに合った画期的なコミュニケーション術をお教えします。

「口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座」

⇒バックナンバー一覧