緊張のあまり、商談や会議などの大事な場面で、噛んでしまうことってありませんか? 噛んでも周りは気にしませんが、なかには気にして焦ってしまう人もいます。余計に緊張してしまいますよね。そんな噛みグセを解消するとっておきのワザを教えます。
250社超の研修実績、3万人が受けた声のビジネス研修を1冊にまとめた新刊『「話し方」に自信がもてる 1分間声トレ』より、「1分間声トレ」を動画付きで紹介します。

舌の動きが滑らかになるストレッチ

 商談や会議など、大事なビジネストークの場面では、よどみなく流暢に話をしたいもの。

 でも緊張のあまり、噛んでしまうことってありますよね。

 噛んだからといって相手は意外と気にしないものなので、本人も普通にしていればいいのですが、なかには気にして焦ってしまう人もいます。

 余計に緊張してさらに噛み噛みになる……という悪循環にハマってしまうことも。

 噛む(言葉に詰まったり、滑らかに言葉が出なかったりすること)、あるいは滑舌が悪くなってしまうのは、口や舌がうまく動いていないことが原因です。

 つまり、口や舌を動かす筋肉が硬くなっていて、自分の思い通りになっていないのです。

 大事なビジネストークの際に噛まないようにするために、超簡単にできて、かつ効果テキメンなトレーニング方法をご紹介しましょう。

 その前にまず、普通の状態で「らりるれろ」と言ってみてください。言いにくいですよね。ラ行は口や舌を細かく動かす音で、さらに連続で発声するとなると難しさが倍増するからです。ではトレーニングです。

(1)「あっかんべぇ~~~~~~」と思いっきり舌を出し、下方向に2秒かけて伸ばす。
 (5回繰り返す)

 たったこれだけです。

 そしてまた先ほどのように「らりるれろ」と言ってみてください。

 いかがですか?

 さっきよりも簡単に、そしてはっきりと発声できたのではないでしょうか。

 舌を伸ばすことで、舌や口の周りがストレッチされたからです。

 人と話す前にぜひやってみてください。噛まずに滑らかにトークができます。