ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

優れた営業成績を収める営業マンや統率力あるマネジャー、企業のトップなど、一流ビジネスパーソンに共通していえるのは、いい声をしているということ。落ち着いた低音で、響きが素晴らしいというだけでなく、声の強弱を上手に使い分けている人が多いのです。
250社超の研修実績、3万人が受けた声のビジネス研修を1冊にまとめた新刊『「話し方」に自信がもてる 1分間声トレ』より、「1分間声トレ」を動画付きで紹介します。

カリスマは、声の強弱を上手に使い分ける

 優れた営業成績を収める営業マンや統率力あるマネジャーなど、一流ビジネスパーソンに共通していえるのは、いい声をしているということ。

 落ち着いた低音で、響きが素晴らしいというだけでなく、大きい声・小さい声を絶妙に使い分けている人が多いのです。

 たとえば商品メリットの説明など、しっかりと理解してもらいたいときは、少し大きめの声で話します。

 「この物件は、築年数は少し古いですが手入れが行き届いているので、建物に大きな問題はありません。それに……」

 相手の興味を引きたいときは、あえてささやくような小声で。

 「ここだけの話、この物件、ある事情があって今だけお買い得になっているんですよ。じつはね……」

 このように、声の強弱を上手に使い分けています。

 会社でトップを取るようなカリスマ営業マンの声は、まるで音楽のように心地よいもの。聞いていてうっとりするほどです。

 そのような人はおそらく、どんな商材を扱っても優れた成績を残せるのではないかと思います。

吐く息の量で声の大きさを調整する

 では、そんなカリスマのように、声の強弱を巧みに操るためのトレーニングを紹介しましょう。

(1)カラスの鳴き声をまねて、大きい声と小さい声で10秒かけて1セット。
(2)「カァ~~~~ カァ~~~~ 」(大きい声で5秒)。
(3)「カァ~~~~ カァ~~~~ 」(小さい声で5秒)。

  これだけです。本物のカラスのような、よく伸びる声が出せましたか?

 簡単なようで、意外と難しいと感じたのではないでしょうか。

 大事なのは恥ずかしがらずに、大きな声を出すこと。

 たとえば、駅のプラットフォームにいて、向こう側のプラットフォームにいる人に声を届かせるくらいのイメージで、思いきって声を出してみてください。

 そして小さな声を出すときには、発声の仕方はそのままに、「吐く息の量」を減らしてみてください。

 声の大きさは吐く息の量でコントロールできることがわかると思います。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
超・箇条書き

超・箇条書き

杉野幹人 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2016年6月

<内容紹介>
情報技術の最先端シリコンバレー、世界最高峰のMBAスクールINSEAD、世界的な戦略系コンサルATカーニー。世界の最前線で、人や企業を動かす超一流は何をしているのか。その答えは、「Bullet Points(ビュレットポイント)」と呼ばれる“箇条書き”によるコミュニケーションだった!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、6/12~6/18)


注目のトピックスPR


秋竹朋子 

 

ビジネスボイストレーニングスクール「ビジヴォ」代表。1982年2月3日福岡県生まれ。東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。聖徳大学大学院音楽文化研究科修了。ウィーン国立音楽大学での留学中には、ディヒラー国際音楽コンクールでの入賞など国内外での受賞歴多数。ビジヴォの代表として、「声」「話し方」に問題を抱えるビジネスパーソンの指導を実施。
音楽家ならではの聴力と技術を駆使した、日本初「超絶対音感」によるボイストレーニングが話題を呼び、「ニュースウオッチ9」「Rの法則」(NHK)、「スッキリ!!」(日本テレビ)、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)、「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)ほか多数出演。東京を拠点に全国各地で250社を超える企業での研修や教員研修を行い、これまで3万人以上にレッスンを実施。2011~2012年、経済産業省のグローバル人材派遣として「ビジネスボイス」が選ばれ、フィリピンに赴任、日本にとどまらずアジアにて「声」の指導をしている。


1分間声トレ

セブン&アイ・ホールディングス、伊藤忠商事、大阪ガス、明治安田生命、フジテレビなど250社超の研修実績、大手企業で続々採用する、3万人が受けた声のビジネス研修が読んで学べるボイスレッスンとして発刊。『話し方に自信がもてる 1分間声トレ』から、動画付きで、「1分間声トレ」を公開します。

「1分間声トレ」

⇒バックナンバー一覧