IoTがビジネスを変える!|ダイヤモンド・オンライン
校條浩 IoT産業革命
【第11回】 2016年1月22日
著者・コラム紹介 バックナンバー
校條 浩 [ネットサービス・ベンチャーズ マネージング・パートナー]

日本の経営者には
「ものづくりのプライド」に打ち勝つ覚悟があるか

 2016年の幕が開けた。2015年は、あるゆる分野でIoTの火の手があがった。例年年頭にラスベガスで行われる世界最大の家電の祭典、コンシューマ・エレクトロニクス・ショー(CES)は今年も盛況だった。昨年は、IoTの一般市場への大々的なデビューが衝撃的だった。「車もつながるモノにすぎない」などという話題がCESショーでは持ちきりとなった。今年のCESは、新しいパラダイムよりも、その波に乗ってあらゆる分野の企業がIoTに参入する段階に入った印象だ。

 これまでの20年は、ソフトウェア、ネットワーク、インターネットを中心に新産業を創出した時代であったが、これからの20年は、IoTが新産業創出のドライビングフォースとなるに違いない。今までの新しいIT革命が生活の基盤となり、その対象が今度は「モノ」にまで広がる。

 この1年は、既存ITインフラを使ってあらゆるアプリケーションを考えつくそう、という流れだった。先陣を切ったFitbit(活量計、時価総額37億ドル*)やNest(ホーム空調コントロール、32億ドルでGoogleに買収)を見た起業家が2匹目のドジョウとばかり、あらゆる分野に参入してきた。(*:2016年1月18日時点)

 以下は、2016年1月18日時点でVenture Scanner社がリストアップしたIoT分野とそれぞれのベンチャー企業数・投資総額だ。

 今までのハードウェアと違うのは、データがクラウド側アプリケーションで管理され、スマートフォン上で様々な分析が簡単に行えること。ユーザーのコミュニティを作るなど、SNS時代のアプローチだ。

 ハードウェアそのものは非常に単純だが、クラウドのサービスという新たな価値提供で一気に雨後のたけのこのように事業拡大した。現時点のクラウドインフラで可能となる分野をなめ尽くした感がある。対象は、スポーツ、赤ちゃん、ペット、介護、ヘルスケア、ホーム、農業、など百花繚乱である。

SPECIAL TOPICS

 

校條 浩(めんじょう・ひろし)[ネットサービス・ベンチャーズ マネージング・パートナー]

東京大学理学部卒、同修士課程修了。マサチューセッツ工科大学(MIT)工学修士。小西六写真工業(現コニカミノルタ)にて写真フィルムの開発に従事。その後MITマイクロシステムズ研究所、ボストン・コンサルティング・グループを経て、1991年にシリコンバレーに渡る。1994年よりマッケンナ・グループのパートナーに就任。2002年に「ネットサービス・ベンチャーズ」を創業し、シリコンバレーでのベンチャー投資・インキュベーションと日本企業への事業コンサルティングを進める。2012年より大阪市特別参与、2013年~14年に同特別顧問。シリコンバレーから大阪に出向く異色のアドバイザーとして活動。関西初の独立系グローバルベンチャーキャピタル「ハックベンチャーズ」を設立。スタンフォード大学STAJE顧問、Japan Society US-Japan Innovation Award委員会理事、Silicon Valley Japanese Entrepreneurs Networkボードメンバー。主な共著書に『ITの正体』『シリコンバレーの秘密』(インプレス)、『日本的経営を忘れた日本企業へ』『成長を創造する経営』、訳書に『リアルタイム』『スマート・カンパニー』(いずれもダイヤモンド社)など。日経産業新聞においてコラム「新風シリコンバレー」を連載中。


校條浩 IoT産業革命

今までの20年は、ソフトウェア、ネットワーク、インターネットを中心に新産業を創出したアメリカが一人勝ちであった。これからの20年は、IoTが新産業創出のキーワードとなる。本連載では、IoT という新たなイノベーションの潮流と、それによりもたらせる産業革命について、シリコンバレーの現場から報告する。

「校條浩 IoT産業革命」

⇒バックナンバー一覧