ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

年金破綻を回避する3つの方策──支給開始年齢引き上げ、年金課税強化、在職老齢年金廃止

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第76回】 2010年6月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 公的年金の役割は「長生きしすぎることへの保険」と考えられるべきことを前回述べた。そう考えなければ、「効率の悪い公的年金がなぜ必要なのか」という問いに答えることができない。

 そうであれば、その考えを実際の改革に反映すべきだ。では、さまざまな改革提案はそうなっているだろうか?なっていないと言わざるをえない。

 「年金は高齢者の生活を一般に支援するためのものだ」という考えが強い。たとえば、民主党の7万円年金(民主党が前回の衆議員選挙でマニフェストに謳った月額7万円の最低保障年金のこと)はその典型だ。これは、年金と生活保護を混同した考えである。なぜ高齢者だけに、所得制約もなく、一定の水準保障が必要なのかは、正当化できる理由がない。

 有権者中の高齢者の比率は上昇し、しかも、高齢者は比較的熱心な投票者である。だから、選挙の票獲得の観点から上記のようなバイアスが生じてしまうのは、ある意味では必然であろう。しかし、年金制度がそうした考慮だけで左右されるのは、望ましいことではない。

マクロスライドではなく、
支給開始年齢の引き上げが必要

 マクロスライドは、受給者の増加と保険料支払い者の減少に対応するために、給付を削減する措置である。これは、受給者の年齢による差をつけずに、一様に削減しようというものだ。

 しかし、「長生きへの保険」という観点に立てば、違う対応になる。この観点から必要とされるのは、支給開始年齢を引き上げて、超高齢者を重点に給付することである。平均余命が長くなり、労働可能期間が長くなっているのだから、こうした対応が必要である。75歳程度までの引き上げが考えられてもよいだろう。

 仮にそうした対応ができれば、必要給付額は大きく削減することができる。

 2008年の人口構成で見ると、75歳以上人口は1322万人であり、65歳以上人口2822万人の46.9%になる。したがって、単純な人口比例で考えれば、受給開始年齢を75歳に引き上げることによって年金給付額は半分以下に削減することができるわけだ。こうした削減ができれば、厚生年金の財政問題はほぼ消滅する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

突如として世界中を襲った経済危機。激流に翻弄される日本経済はどうなってしまうのか? なすべき対策はあるのか? 100年に1度の未曾有の事態を冷静に分析し、処方箋を提示する野口悠紀雄の緊急連載!

「野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む」

⇒バックナンバー一覧