ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

春節商戦に冷や水!?中国「爆買い禁止令」の真相

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第198回】 2016年2月12日
1
nextpage

 2月第1週に発売された『週刊現代』の見出しに目を奪われた方も多いだろう。「中国『爆買い禁止令』の衝撃」――。今、それがWEB版でも拡散し、ちょっとしたパニックにもなっている。

銀座ラオックス前も昨年ほどの賑わいはない印象

 ちらりと読んでみると、今年の全人代で爆買いを禁止する「お触れ」が出るとか出ないとか。これが本当ならばひとたまりもない。爆買いを商機と見込んで行った投資が水泡に帰すというわけだ。

 「週刊誌の言っていることだから」と話半分で受け流す読者もいる。実際、情報をリークする「在北京ジャーナリストの李大音氏」という存在は日本人説もあり、とても怪しい。

 爆買いにストップをかけるには銀聯カードに利用制限を設けることが効果的だが、銀聯関係者からは「引き出し制限はあっても買い物に制限がかかるとは聞いていない」という。

 だが、何をするかわからない習近平政権だけに、「いったいどうなるのか」という懸念は払拭できない。

爆買いの実態は
「転売品の代理購入」

 爆買いは果たしてご法度となるのか。それにはまず、中国がこの爆買い現象をどう受け止めているのかについて把握することが先決だろう。

 昨年の流行語大賞にも選ばれた「爆買い」。日本発祥のこの言葉は、中国でもすでに「爆買(ibaomai)」という単語にもなり、中国語としても定着するようになった。日本のみならず香港や欧州など、今や世界各地で繰り広げられる中国人旅行客による「大量購買」だが、中国側から見れば、国産品の販売を停滞させ税収低下をもたらし、大きな損失となる。

 その爆買いの中身だが、実は4割が「代理購入(以下、「代購(daigou)」)だといわれている。友人や親戚の頼みに応じて、あるいはネット販売に出品する業者の依頼を受けて、旅行者が大量に買い付けを行うというものである。分かりやすくいえば「個人仕入れ」「個人転売」行為である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧