ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
俺様社員の取扱説明書
【第4回】 2010年7月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
内田和俊 [SYPシステム専属専任講師]

仕事はできなくても口だけは一人前!
上司の悪口で傷を舐め合う仲良しクラブ

1
nextpage

若手が同期会をやりたがるのにはわけがある
――ホテル・カリフォルニア症候群

 「被害者」は群れの中に身を投じることによって、居心地のよさを体験します。

 ここでいう「被害者」とは、何か具体的な被害にあった人という意味ではなく、「被害者意識の強い人」という意味で使っています。具体的には、自分に起こるすべての事象を他人や環境のせいにする人のことです。

 「私がこういう性格になったのは親のせいだ」から始まり、「私が出世できないのは上司の見る目がないからだ」「私の営業成績が上がらないのは担当するエリアが悪いからだ」などなど、挙げたらキリがありません。

 彼らの根底には、「決して自分は悪くない」という考えが横たわっています。

 特に若い「被害者」たちは、先輩や上司と飲みに行くことを拒む一方で、事あるごとに過剰なまでに同期会を開催します。ここは、先輩社員、上司、会社の悪口大会と化し、自分たちを正当化する絶好の場となります。

 「うちの課長は、部長の言いなりで困るよ」

 「えーっ、そうなの、偶然だね。うちの課長も上しか見てないぜ」

 「こんな課長ばっかだから、うちの会社は顧客満足度が低いんだよなー」

 このように、被害者にとって自分の発言が賛同を得ることほど自分の気持ちが満たされることはありません。

 「被害者」が集まる同期会は、以下のような人たちが多く集う場所になります。

 (1)客観的に見て、明らかに本人に問題があるのに、自分のことは棚に上げて、上司や会社に対する不満を延々と話し続ける人。

 (2)自分が今後どんなキャリアを積んでいきたいかなど、本人のビジョンが明確になっていない人。

 (3)自分を客観視できず、自己認識が乏しい。なのに、自分以外は事細かに観察し、経営者気取りで悟りきったような理屈や批判を並べ立てる評論家タイプ。

 自分たちを正当化する以外にも、ここでは参加者同士が下には下がいることを確認して安心します。だから、できが悪い人ほど、同期会には声がかかります。自分はまだ大丈夫だと確認するためには、自分よりできの悪い人が必要になるわけです。

 ところが、できの悪い人は、なぜ自分に声がかかるのかという真の理由はわかりませんから、自分が人気者だと錯覚します。自分の存在が認められた気になって意気揚々としてこの同期会に参加するわけです。そして、自分のバカさ加減を自慢げに披露して、参加者から絶大の人気を得ることになります。こうして、参加者全員が自分の存在意義を確認でき、正当化できる場から抜け出せなくなるのです。

 私は、ますます群れていくこの現象を「ホテル・カリフォルニア症候群」と呼んでいます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


内田和俊 [SYPシステム専属専任講師]

1968年生まれ。早稲田大学法学部卒。人材育成コンサルタント、PHP認定ビジネスコーチ上級。人材育成を専門とし、多くのクライアントと関わる。 2002年、東京国際フォーラムで開催された日本コーチ協会全国大会では、日本で成功した4人のパイオニア的コーチの1人に選ばれ、講師・パネラーをつとめる。現在、主に一部上場企業の幹部社員を対象にした社員研修やコンサルティングを実施。1年間で約1万人に集合研修、500人に個人セッションを行っている。研修実績は、三菱重工業、明治安田生命、新日本石油、NTT東日本、ライオン、あすか製薬、キャタピラージャパン、大鵬薬品、ソフトバンクテレコム、三菱マーケティング研究会、東京消防庁など100社以上。
SYPシステム


俺様社員の取扱説明書

TOEICで900点台、MBA取得、留学経験あり、数々の資格を保有、一流大学卒業etc…「自分はできる」と勘違いする社員、群れをなして足を引っ張る無気力社員など、育て方が難しい若手社員が職場にいませんか?
社内の問題児にするか、高業績社員にするかは、上司のマネジメント力次第!自己主張が強いだけのわがまま社員をチームプレーのできる社員に育て上げるコツを解説します。

「俺様社員の取扱説明書」

⇒バックナンバー一覧