ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
俺様社員の取扱説明書
【最終回】 2010年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
内田和俊 [SYPシステム専属専任講師]

部下の変化は表れにくい!?
育て方に自信と誇りを持ちましょう

1
nextpage

部下に変化がなくても、あきらめてはいけない

 本連載は今回で最終回です。最後の最後に皆さんに、とても残念なお知らせがあります。

 若い社員が、自然に気づいて、自発的に変わっていくなんてことは滅多にありません。ですから、リーダーである皆さんのサポートが必要になります。

 しかし、本書で紹介した知識やスキルを皆さんが今から毎日、愚直に実行したとしても、劇的な変化、そして外的な変化は望めません。

 ここまでが残念なお知らせです。ここからは朗報です。

 私の実体験を紹介します。

 第10回でも紹介しましたが、私が新入社員当時、その頃は目にかけてもらっているとは気づかず、いじめられていると勘違いしていましたので、私は日々、悶々とした会社員生活を送っていました。特に一番接する機会が多かった指導員役の主任とは馬が合わず、やることなすことすべてを否定され、最後には無視までされ、私は次第に居場所を失っていきました。もうそうなると、会社に行くのが苦痛で苦痛で仕方なくなってしまいました。

 しかし、当時の部長が、とてもできた方で、そんな悩んで腐っている私に、ときどき声かけをしてくれたのです。

 「おい、内田。元気にしてるか」

 その程度の短くてシンプルな声かけです。

 また、この部長は私が独身寮に住んでいることも、ちゃんと覚えてくれていて、「おい、内田。新しい環境には慣れたか」とか「ちゃんと寮の朝飯を食ってきてるか」とか「寮の先輩とは仲良くやってるか」などの声かけもしてくれました。

 しかし、相手は一部上場企業の部長です。私にとっては雲の上の存在でした。私は緊張しすぎていて、なんと返事をしたらよいかもわからず、ただ黙って困った顔をしたまま、立ちすくんでいた記憶があります。

 そのときの部長の寂しそうな顔つきは今でも忘れられません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


内田和俊 [SYPシステム専属専任講師]

1968年生まれ。早稲田大学法学部卒。人材育成コンサルタント、PHP認定ビジネスコーチ上級。人材育成を専門とし、多くのクライアントと関わる。 2002年、東京国際フォーラムで開催された日本コーチ協会全国大会では、日本で成功した4人のパイオニア的コーチの1人に選ばれ、講師・パネラーをつとめる。現在、主に一部上場企業の幹部社員を対象にした社員研修やコンサルティングを実施。1年間で約1万人に集合研修、500人に個人セッションを行っている。研修実績は、三菱重工業、明治安田生命、新日本石油、NTT東日本、ライオン、あすか製薬、キャタピラージャパン、大鵬薬品、ソフトバンクテレコム、三菱マーケティング研究会、東京消防庁など100社以上。
SYPシステム


俺様社員の取扱説明書

TOEICで900点台、MBA取得、留学経験あり、数々の資格を保有、一流大学卒業etc…「自分はできる」と勘違いする社員、群れをなして足を引っ張る無気力社員など、育て方が難しい若手社員が職場にいませんか?
社内の問題児にするか、高業績社員にするかは、上司のマネジメント力次第!自己主張が強いだけのわがまま社員をチームプレーのできる社員に育て上げるコツを解説します。

「俺様社員の取扱説明書」

⇒バックナンバー一覧