ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
課長は労働法をこう使え!
【第4回】 2016年2月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
神内伸浩 [弁護士]

部下がキャバクラ通いで借金まみれ。介護疲れでミス連発。課長はどう対応するか?

1
nextpage

最近の労働環境は「ハラスメントブーム」状態。課長にとって、おそらく過去最大レベルに労働法の知識が求められる時代が訪れています。新刊『課長は労働法をこう使え!』の中から、事例とともに実践的な「法律の使い方」をお伝えする連載第4弾。

借金問題を抱える部下の話

 誰しも、個人的な問題を抱えているものです。しかし、気持ちに折り合いがつかないくらい大きな問題は、当然仕事に悪影響をもたらします。

 課長は、目の前の部下が悩んでいると、「仕事がうまくいっていないのだろうか」と思いがちですが、実際にはプライベートな悩みを抱えていることも多々あります。

 問題が表面化しやすい1つの代表例は、経済的な問題。とくに借金問題です。1つの事例を紹介しましょう。

★★★

パチンコ店を複数経営する会社でのことです。
この会社では、売上を銀行に入金するのは、
本部に報告を上げるタイミングと合わせた月に一度きりで、
それまでは各店舗の金庫に現金を保管する形をとっていました。
とある店舗で、金庫の100万円とともに副店長が失踪する事件が発生。
この副店長は、時折無断欠勤するなどだらしなさが目立つ人物でした。
レンタルDVD店から副店長に対する督促の電話が、
店舗にまでかかってきたこともありました。
店長は副店長に対し、「気をつけろよ」と言うにとどめます。
プライベートなことにまで口を挟むべきではないと考えていたからです。
しかし、その3ヵ月後、また同じ督促電話が店舗にかかってきました。
それでも店長は、気にとめることはありませんでした。
また、この副店長はキャバクラ好きで、
頻繁に通っていると店長に話していました。

失踪した副店長を探そうと店長が捜索願を出すと、
実家に戻っていたことが判明。
店長が実家にかけた電話口で、副店長は告白します。
「キャバクラでお金を使いすぎて、消費者金融の借金が返せなくなりました」
後日、店長が副店長の自宅を訪れると、
未返却のDVDが山のように積み重なっていました。

★★★

 この事案のポイントは2つ。まずは金庫の管理を副店長1人に任せきりにして、入金も月に一度だったという金銭管理体制の甘さです。そしてもう1つは、店長がもっと早くこの副店長のだらしなさを戒めるべきだったということです。

 レンタルDVD店から店舗に督促電話が何度もかかってくるというのは、見過ごせることではありません。キャバクラ通いが頻繁であることと合わせ、副店長のだらしなさの「アラート」は何度も発せられていたのです。それを放置した店長にも、責任があると言えるでしょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


神内伸浩 [弁護士]

(かみうち・のぶひろ)労働問題専門の弁護士(使用者側)。1994年慶応大学文学部史学科卒。コナミ株式会社およびサン・マイクロシステムズ株式会社において、いずれも人事部に在籍。社会保険労務士試験、衛生管理者試験、ビジネスキャリア制度(人事・労務)試験に相次いで一発合格。2004年司法試験合格。労働問題を得意とする高井・岡芹法律事務所で経験を積んだ後、11年に独立、14年に神内法律事務所開設。民間企業人事部で約8年間勤務という希有な経歴を活かし、法律と現場経験を熟知したアドバイスに定評がある。従業員300人超の民間企業の社内弁護士(非常勤)としての顔も持っており、現場の「課長」の実態、最新の労働問題にも詳しい。
『労政時報』や『労務事情』など人事労務の専門誌に数多くの寄稿があり、労働関係セミナーも多数手掛ける。共著に『管理職トラブル対策の実務と法 労働専門弁護士が教示する実践ノウハウ』(民事法研究会)、『65歳雇用時代の中・高年齢層処遇の実務』『新版 新・労働法実務相談(第2版)』(ともに労務行政研究所)がある。単著は本書が初となる。


課長は労働法をこう使え!

パワハラ、セクハラ、ソーハラ、マタハラ……。昨今は、これまであまり問題視されてこなかったコミュニケーションにも「ハラスメント」のレッテルが貼られるようになりました。課長にとって、おそらく過去最大レベルに労働法の知識が求められる時代だと言えるでしょう。そこで本連載では、国内企業と外資系企業の人事部でサラリーマン経験がある労働問題解決の第一人者が、事例とともに実践的な「法律の使い方」をお伝えします。

「課長は労働法をこう使え!」

⇒バックナンバー一覧