ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

重力波の観測成功 次は日本のKAGRAの出番だ
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第70回】 2016年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.米国の研究チームが、重力波の観測に成功したと発表しました。宇宙誕生の謎や、これまで光や電波では観測できない天体現象も解明できる可能性がでてきたといわれますが、今回の一報をどう受け止めましたか。日本勢も重力波望遠鏡の建設を進めていますが、日本の出番はあるのでしょうか。

重力波がどの方向から飛んできたのか
これを計測できれば画期的

A.アインシュタインがその存在を予言していた重力波が、やっと観測できたということで画期的な研究だと思います。光や電磁波の影響を受けずに、例えばブラックホールの生成過程などを直接観測することができるなど、宇宙の謎の解明に一歩前進できました。

 日本でも大型低温重力波望遠鏡・KAGRAの建設を進めていますが、このような重力波天文学という新しい分野は、国際協調と国際競争を同時に進めていかないといけません。

 重力波の場合では、観測はできたものの、どの方向から飛んできたのかまでは計測できていません。これが十分に離れた複数の場所から観測できるようになれば、その方向も特定することが可能になります。

 そういう意味で、切磋琢磨し合いながら設備の整備や観測競争をすることも大事ですが、国際協調も重要なわけです。

 そして、大きな投資を必要とする天文学分野では、このような協力体制も整いつつあるのが現状です。

Q.日経平均株価が一時1万5000円台を割り込むなど、株式市場は不安定な展開が続いています。堀江さんは、含み損を抱えた株式を売る、いわゆる損切りの基準はお持ちですか。また、実際の株価が見込みとは異なる展開になった際、どう立て直しますか?

損切りに基準なんて持ってません
必要なのは “ゼロになってもOK” の覚悟かな

A.損切りの基準は特にありません。

 というのも、上場株式に関して、損失の出ている株式を損切りして売却をすることが得意ではないと思っているので、ここ数年は手を出していません。

 そもそも損切りに基準があるのであれば、それを自動売買システムに設定してしまえば、自分でトレードする必要はなくなるはずです。

 ともかく上場株式は、投資自体が割に合わないと思います。私はベンチャー投資の方が得意で、またリターンも大きいので、現在は非上場のベンチャー企業にしか投資していません。

 株式投資は、個別企業の業績を綿密に研究して将来を予測し、投資を行ったとしても、例えばリーマンショックのような予測できない外的なショックが起きれば、個々の企業の業績に関わらず、株式市場全体が大きく下落してしまうわけです。

 そのことに一喜一憂しても仕方ないですから、必要なことは「ゼロになっても仕方ない」くらいの気持ちで投資することでしょう。どうせ、生まれたときはみんなゼロなんですから。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧