ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

エレキギターが中国で売れまくる時代は目前!?
蘇寧電器・ラオックスが仕掛ける楽器ビジネス

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第55回】 2010年7月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
6月18日、上海にオープンした「MUSICVOX」(中国語名「音楽箱」)1号店

 6月18日、上海の中心地区にある蘇寧電器の「浦東第一店」1階に、「MUSICVOX(中国語名「音楽箱」)1号店」がオープンした。ラオックスが秋葉原で展開する楽器店の中国1号店である。

 同店舗は、売り場面積700平米。エレキギター、アンプ、エフェクター、アコースティックギター、ドラムス、電子ピアノなどがずらりと陳列され、ヤマハやローランドなど150種以上の一流ブランド、2000アイテムが並ぶ。

 そして、店舗中央のガラスケースの中に高々と掲げられているのは、グレコ・ゼマイティスの6万元(約78万円、1元=約13円)を超えるベースギターだ。ダニー・オブライエンの彫金がもたらす芸術性の高みに、日本の神田商会の技術が実用性を与え、エリック・クラプトンも愛用した「プロミュージシャン向けの逸品」である。

 誰もが「軽音楽ビジネスなど成り立つわけがない…」と、外資系企業の進出を遠ざけてきた上海で、蘇寧電器がこの新しい専門業態を立ち上げたことは今ちょっとした話題をもたらしている。ラオックスといえば09年、蘇寧電器が筆頭株主となりその傘下に入ったが、何を隠そう、この「楽器の販売」こそが、買収後の蘇寧電器が「家電」の次に仕掛ける第2弾のビジネスなのである。

海賊版CDの存在が
ミュージシャンの育成を阻む

 ではなぜ、中国で軽音楽がビジネスにならないと言われているのだろうか。

 それは、「海賊版CD」の存在に起因すると言える。海賊版CDがレコード会社を成立させることを難しくし、ミュージシャンの育成を妨げ、ひいてはLM(ライトミュージック=軽音楽)楽器が売れない、という悪循環をもたらしていたためである。上海の街で、ギターを背負って歩く若者が見られないのも、まさにそのせいだと言える。

 上海のユーザーが求めていたものも、ピアノ、バイオリンなどクラシックを中心とした楽器だった。むしろ軽音楽についてはほとんどその市場は顕在化していなかったし、ロック文化がほとんど定着を見せない上海市場においては、日本のような「軽音楽のための楽器市場」はむしろ育たない、というのがこれまでの定説でもあったのだ。言い換えれば「最もカネにならないビジネスの1つ」と認識されていたのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧