ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!
【第23回】 2016年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤沢久美 [シンクタンク・ソフィアバンク代表]

僕が「カリスマ経営者」のマネをしない理由
「何もしない」リーダー論対談(2)米山久氏(エー・ピーカンパニー)

1
nextpage

生産者と街、すなわち消費者を直接つなぐことで日本の食をかえていく。そんな想いで「塚田農場」などを展開するエー・ピーカンパニーの米山久・代表取締役社長と、1000人以上のトップリーダーを取材してきた藤沢久美さんによる対談。

最高のリーダーは何もしない』の冒頭で、藤沢さんは「ビジョン型経営で成功するリーダー」として米山さんについて語っている。

米山久さんが掲げるリーダーシップにはどんな特徴があるのか? 藤沢さんはそこから何を読み取ったのか? 全3回にわたってお届けする連載の第2回。

(構成:高橋晴美/撮影:宇佐見利明/聞き手:藤田悠)

前回の対談(第1回)
▶︎▶︎▶︎
「モヤモヤ」こそがリーダー力の源泉である

周囲を巻き込む「鶏モモ1000本ノック」。
そこに物語が生まれる

――藤沢久美さんの『最高のリーダーは何もしない』では、明確なビジョンを持ち、それを浸透させることこそがリーダーの仕事であり、そうすることで現場は自主的に動くことができる、と考察しています。

米山さんは「メンバー巻き込んでいくことで新しい世界観がみえてくる。周囲を巻き込んで考え、進んでいくことが楽しい」とお考えのようですが、どんなふうに周囲を巻き込んでいくのですか? また「塚田農場」などでは現場の裁量も大きいようですが、どのような指示をし、どこまでをマニュアルとしているのですか?

米山久(よねやま・ひさし)
株式会社エー・ピーカンパニー 代表取締役社長
1970年生まれ。不動産業、販売代理店、海外挙式のプロデュース業などを経て、2001年エー・ピーカンパニーを設立、ダーツバーを出店して飲食業に参入。2004年、みやざき地頭鶏専門居酒屋「わが家」を出店。2006年、宮崎県に農業法人を設立、自社養鶏場と加工センターを立ち上げる。2008年度外食アワードを受賞。2011年、自社漁船による定置網漁を開始、漁業でも第1次産業へ進出。現在は「塚田農場」「四十八漁場」など、16業態186店を展開。
2013年、経産省主催「おもてなし経営企業選」受賞。2015年、厚労省主催「パートタイム労働者活躍推進企業奨励賞」受賞。2016年「GREAT PLACE TO WORK」(日本における働きがいのある会社)に入選。著書に『ありきたりじゃない 新・外食』(商業界)がある。

【米山久(以下、米山)】たとえば、今年に入って新しくはじめた「若どり屋」は焼鳥専門店なのですが、オープンにあたって部長以下3人を数ヵ月間、知り合いの焼鳥屋さんに修行に出しました。

もともと地鶏を扱える人間ですから、それなりにおいしいものを出せるようにはなったのですが、新たに骨付きモモ肉を出そうとなったとき、これは他の焼鳥レベルには達していないなと。そのまま商品化したのでは、お客様にも世の中にも失礼だと考えた末、「1000本レッグ」という試みを始めました。

【藤沢久美(以下、藤沢)】1000本レッグ?

【米山】野球の守備練習に1000本ノックというのがある、よし、じゃあモモ肉=脚(レッグ)だから、1000本レッグにしよう、という発想です(笑)。

どんな火加減で、何秒焼くなど、レシピを仮説検証しながら1000本焼く。1000本に届くまではお客さんに無料で提供します。1000本焼いていいものができるかどうか確証はないけれども、やってみる。お客さんには、まだお金をいただくレベルじゃないんでどうぞ食べてください、感想を聞かせてください、とお願いする。

それを繰り返し、繰り返しやっていく。1000本焼いたときにやっと我々の骨付きのモモ焼きのスタイルができる。正しいかどうかわからないけど、方法があるならやりながら検証する、それが、エー・ピーカンパニーらしさ、です。

そういうことをすると、一つの商品を作るのにそういった過程を経た、こういう失敗があったなどのエピソードを語ることができる。1000本焼いてどうなるかわからないけども、まずやってみよう、やることに意味がある、と思うんですよね。

【藤沢】すごい! 食べに行きたい。
そうすることで、スタッフは商品に感情移入するでしょうし、お客さんも商品化に参加したような意識を持つでしょうね。まさに、生産者も、メンバーも、お客様までをも巻き込んでいる感じ。

でも、コストはどう考えるのですか?

【米山】無料提供したうえで利益を出せというと現場から不満が出るので、1000本分の原価29万8000円は広告宣伝費として本部で持つと言っています。将来のキラーコンテンツのためのコスト、という考え方です。

通常原価が30%じゃないと利益がとれませんが、これまでも、魚だったり、地鶏だったり、我々が利益をとれるレベルに達していない段階では原価率50%で提供していました

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


藤沢久美 [シンクタンク・ソフィアバンク代表]

(ふじさわ・くみ)大学卒業後、国内外の投資運用会社勤務を経て、1996年に日本初の投資信託評価会社を起業。同社を世界的格付け会社スタンダード&プアーズに売却後、2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。2013年、代表に就任。そのほか、静岡銀行、豊田通商などの企業の社外取締役、文部科学省参与、各種省庁審議会の委員などを務める。
2007年、ダボス会議(世界経済フォーラム主宰)「ヤング・グローバル・リーダー」、翌年には「グローバル・アジェンダ・カウンシル」メンバーに選出され、世界の首脳・経営者とも交流する機会を得ている。
テレビ番組「21世紀ビジネス塾」(NHK教育)キャスターを経験後、ネットラジオ「藤沢久美の社長Talk」パーソナリティとして、15年以上にわたり1000人を超えるトップリーダーに取材。大手からベンチャーまで、成長企業のリーダーたちに学ぶ「リーダー観察」をライフワークとしている。
著書に『なぜ、川崎モデルは成功したのか?』(実業之日本社)、『なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか』(ダイヤモンド社)など多数。
Facebook:
https://www.facebook.com/kumi.fujisawa.official


最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!

なぜいま、内向的で、心配性で、臆病で、繊細であることが、よいリーダーの共通点なのか? ビジョンによって人を動かす「静かなリーダーシップ」を通じて、自己躍動するチームをつくる秘訣とは? 1000人以上の社長に取材してきた藤沢久美氏が語る「次世代リーダー」へのエッセンス!!

「最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!」

⇒バックナンバー一覧