ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

震災後、夫婦の絆がこじれてしまった3組の悲劇(上)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第25回】 2016年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
震災が「夫婦の絆」を見つめ直すきっかけに

 未曾有の被害をもたらした東日本大震災から先週金曜(3月11日)でちょうど5年をむかえましたね。午後2時46分には、あなたも黙祷を捧げたと思いますが、どんなことが頭に浮かんだでしょうか?私が真っ先に思い浮かんだのは「もしも震災が起こらなければ、きっと離婚しなかっただろう男性相談者の顔」です。

 なぜなら、過去に経験したことがない危機に遭遇し、「夫婦だから」という大義名分もあるにもかかわらず、助け合おうとしない夫と妻が私の目の前に多数、現れたのですから。震災から5年の間で、私のところに急増したのは、人生の再出発を図ろうとする男性たちです。「これからの人生、妻と一緒にやっていくか、それとも……」と。世の夫たちの一部は今さらながら、人生とは限りあるものだと気づき、震災をきっかけに離婚を考え始めたようです。

 ところで震災を境に180度、変わってしまった職業があります。それは今回紹介する東京電力の社員、大学の理学部の教員、そして消防士の3つです。世間の評価や評判、信用や信頼、そして年収まで……さまざまなことが一夜にして一変してしまいました。

 例えば、震災前まで東京電力は最も安定した企業の1つでしたが、震災後は被災者への賠償や廃炉費用、そして電力の自由化で不安定極まりない企業になってしまいました。次に大学の理学部で教鞭をとっていれば、震災前までは誰もが「すごいですね」と褒め称えてくれたのに、震災後は「原子力工学?なんだか胡散臭い」と後ろ指を差される有様になってしまいました。一方で消防士はどうでしょうか?震災前までは3K(汚い、きつい、怖い)の象徴でしたが、震災後は被災地で危険な任務に当たる消防士たちの姿がクローズアップされたことで「かっこいいなぁ」「頼りになるよ」「たくましいわ」と評価はうなぎのぼりです。

 このように震災をきっかけにして世間の3人への評価は、まるで今年の日本の株式市場のように乱高下したのですが、このような手の平返しは、彼らの「家族」にどのような影響を与えたのでしょうか?

 今回取り上げるのは「福島第1原発に駆り出された東電社員」「理学部で教鞭をとっている大学の教員」「震災バブルでヒーロー扱いされた消防士」の3名ですが、彼らは人生を大きく狂わせられ、天国から地獄へ真っ逆さまに転げ落ちたのです。それでは3名の「震災離婚」の体験談を聞いてみましょう。

原発対応で休日返上の東電社員
大幅減給で『ダメ亭主』扱い

 「休日返上でも出勤しても大幅減給……それなのに『ダメ亭主』扱いされるなんで酷すぎませんか?」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧