ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

日本では“白タク”サービスの事業化が難しいワケ

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第222回】 2016年3月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Lyftのクルマで、サンフランシスコ空港に向かう。ドライバーとLyftとの情報交換は、ドライバーの所有するスマホのアプリのみで実行 Photo by Kenji Momota

米でUberやLyftの利用は日常行為
今やビジネスマンの必須アイテム

 「“白タク”合法化を許すな!」

 2016年3月8日、日比谷公園から東京駅に向かう路上でシュプレヒコールが響いた。

 タクシー、ハイヤー、トラック、バス等の労働組合でつくる、全国交通運輸動労組合総連合が日比谷公会堂で、「安全破壊の白タク合法化阻止! ハイタク労働者総決起集会」を行い、その後にデモ行進を行なった。

米シリコンバレー、マウンテンビュー市内のショッピングモールで、Lyftのクルマを呼んだ Photo by Kenji Momota

 ちょうどその頃、筆者は米シリコンバレーにいて、大手ライドシェアサービス「Lyft(リフト)」のクルマに乗っていた。同行した米系企業の日本法人担当者が、自分のスマホアプリを使って呼んだものだ。彼は日本在住で、年に何度か訪米するが、空港からホテル、ホテルから訪問先などの移動で「レンタカーやタクシーを使うことは、まずない」と言い切る。こうした“ライドシェアに対して違和感をまったく持たない”日本人ビジネスマンが最近、筆者の周りで急増している。

 彼らにとってLyftやUber(ウーバー)を使う利点としては、

①グーグルマップやiPhoneのマップ(TomTom社作成)で場所を指定すれば、ピンポイントでそこに来てくれる
②クルマの到着時間が分かり、大都市周辺ならば10分前後で来る
③行き先も事前に通知しているので、道の説明をする必要がない
④降車の際に、支払いの手続きがまったく要らず、さらにクレジットカードの利用履歴がしっかり残る
⑤タクシーに比べて、料金が3割から4割も安い

 といった声が多い。

 こうした状況下、全米でタクシー事業者の倒産が起きている。最近、米国の各地でタクシーを使い、車内でドライバーに「UberやLyftをどう思うか?」と聞いてみると、「我々の商売にとって、ものすごいダメージになっている。しかし、自分がお客の立場ならタクシーは使わないだろう」という“微妙な答え”を多く聞く。

 とはいえ、アメリカでもライドシェアが非合法な州や地域は多い。昨年7月時点での話だが、Uberの事業開発担当者にミシガン州アナーバー市でのカンファレンスで直接話を聞くと、こう言っていた。「現状では、全米23州で合法化されている。合法化への説得はとにかく時間がかかる作業だが、担当者である私としては、各州とワシントンDCの議会へのロビー活動を地道に続けるだけだ」。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧