ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

熊本県の若者起業支援“ワサモン”は他地域と一味違う

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第223回】 2016年4月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

3年間の超小型モビリティ実証試験が終了
成功事例も見つかったが、やはり「軽」には勝てず

 あっという間の3年間だった――。

 2016年3月16日、熊本県庁内の会議室。

熊本県庁前で、熊本県小型電動モビリティ導入促進協議会のメンバーが「MC-β」を囲んで「最後の記念撮影」 Photo by Kenji Momota

 菊陽町、大津町、阿蘇市、水俣市、さらに九州運輸局や熊本県県警本部の関係者ら約30人が参加して、平成「超小型モビリティ実証試験」の「締めの会」が行なわれた。正式名称は「平成27年 第2回小型電動モビリティ導入促進協議会」という。

 本連載では2014年2月、同試験キックオフ式の模様の他、「成功事例」としての訪問介護事業者による利活用など、熊本県の「新たなる地域交通」に関する施策を取り上げてきた。

 筆者は過去6年間にわたり、全国各地で超小型モビリティの実証実験の現場を取材してきたが、そのなかで、都道府県単位での参加は熊本県のみ。そのため、同県の実験内容は多種多様だ。中山間地域、都市部、そして島などの様々な地域で、また個人利用や事業用などの様々な利用シーンで検証を続けてきた。

 その結果として、「訪問介護事業者の移動用」が成功事例になるなど、実用化への可能性が垣間見えたが、全般的には「決め手に欠けた」。県民からは「結局、軽自動車のほうが良い」という声が多かった。

 こうした「熊本での現実」は、今回の協議会の翌週にあたる3月22日、国土交通省が東京国際フォーラムで開催した「超小型モビリティ シンポジウム~超小型モビリティの成果と可能性」でも報告された。

 超小型モビリティは、国が新しい車両規格としての新設を目指してきたもの。平成22年度から第一期の3年間、さらに平成25年度から第二期として3年間の合計6年間、全国各地で実証試験を行ってきた。今回のシンポジウムで、国交省と日本自動車工業会が行なった講演のなかで、6年間の実証試験のうちの3年間の「熊本実証」の重要性が高く評価された。

 だが、現時点で国は、超小型モビリティの量産化に向けた法整備の詳しいロードマップを提示しておらず、ホンダとしても超小型モビリティに関して「次の一歩」が描けないのが実情だ。そうした状況のなか、ホンダと二人三脚で社会実証を進めてきた熊本県は、国が来年度から始める新たなるスキームでの超小型モビリティ社会実証への参加を見送った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧