ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

超小型モビリティ「実需の精査」に真っ向勝負!
熊本県がホンダと組む本当の理由

――超小型モビリティの可能性を探る旅⑫ 熊本編【前編】

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第173回】 2014年2月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
晴れの舞台に、皆が笑顔。ホンダ「MC-β」を開発した、本田技研工業スマートモビリティ開発室と本田技術研究所の関係者 Photo by Kenji Momota

日本国内で最大級の実証試験がついにGO!
まずは、人気の新興住宅地で公道試乗会

 熊本県とホンダがついに、「実需の精査」を目指す本格的な旅に出た。

本連載第157回で紹介した、熊本県の電動カートを含めた次世代車の実証試験。これと入れ替わるように、「次世代小型電動パーソナルモビリティによる社会実験」が始まる。

 平成25年から平成27年までの3年間、熊本県小型電動モビリティ導入促進協議会(熊本県、本田技研工業、本田技術研究所により構成/以下、協議会)が県内7市町で超小型モビリティの実証を行う。今回の取材では、その“事実上のキックオフ式”に立ち会った。

 2014年1月23日(木)、快晴。

 大型ショッピング施設の「ゆめタウン・光の森」(熊本県菊池郡菊陽町)の屋外駐車場に、小型移動体が4台並んだ。

 「MC-β」。ホンダが開発した超小型モビリティだ。2013年11月の東京モーターショーでも屋内試乗会が開催されたが、今回は同車として初の公道試乗会が行われた。

 その日の午前10時30分。協議会を代表して、熊本県商工観光労働部・新産業振興局・産業支援課・課長の奥薗惣幸さんが挨拶に立った。

 「良いところ、悪いところ、全てを含めて『本音』が大事。クルマに対する固定概念を捨て、いろいろな生活シチュエーションでの広がりを、皆さんで考えていただきたい」(奥薗氏)

 その後、NHK熊本放送局、RKK熊本放送、TKUテレビ熊本、KAB熊本朝日放送、KKT熊本県民テレビ、そして熊本日日新聞などの地元報道陣向けの試乗となり、筆者もここに参加した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧