ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

インパール作戦の生き残りが挑んだ
女性用下着という未開市場

北 康利 [作家]
【第1回】 2016年4月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ブラジャー。この華やかな商品に一生を捧げた男がいた。戦後京都を代表するベンチャー企業「ワコール」を創業した塚本幸一である。インパール作戦の生き残りという壮絶な戦争体験を持つ彼は、いかにして女性用下着に出会い、その未開市場を開拓していったのか。ベンチャースピリット溢れる豪快華麗な生涯を描きだす大型評伝、いよいよ連載開始!

地獄の戦場の生き残り

 その男は、垢じみた軍服に身を包み、復員船の甲板から夕陽にきらめく南洋の海を眺めていた。

 そこに浮かんでいたのは安堵の表情ではない。何か大きなものを根こそぎ削ぎとられ、その臓腑の一部なのか精神なのかわからないものを失ったまま、果たしてこの先、生きていけるのか自問自答していたのだ。

 彼は太平洋戦争の数ある作戦の中でも無謀な戦いとして知られるインパール作戦の生き残りだった。

 蒋介石を支援する英国軍を中心とする連合国軍の物資補給ルートを分断するべく、インド北東部のマニプル州の州都インパールを攻略しようとしたが、武器も食糧も満足に供給されず、敵の最新火器の前に屍の山を築いた。

 彼が苦い思いで反芻していたのは、忘れようとしても忘れられない、ある光景である。

 敵襲と飢えに苦しみながら、ビルマのジャングルの奥深く、中立国であるタイ国境を目指し決死の逃避行を試みていた時、行く手をさえぎる150メートルほどの湿地帯にでくわした。

 疲弊しきっていた彼らはがっくり肩を落としたが、目を凝らしてみると、その先に何やらぼーっと黒いものが見えている。

 「おい、見ろ! あれは橋じゃないか?」

 「助かったな!」

 英国軍は橋らしい橋をすべて破壊していた。心折れそうになっていただけに、橋があるのはありがたかった。

 しかし次の瞬間、彼らはうめき声をあげた。

 「な、なんだ……これは……」

 橋だと思ったものは、無数に折り重なった戦友たちの死体だったのだ。

 のどの渇きをいやそうと死体をかき分けるようにしながら水辺にたどり着いたものの、ぬかるみに足を取られて抜け出す体力が残っておらず力尽きたらしい。まともな着衣の兵などなく、栄養失調でみなガリガリにやせていた。

 だが、そこで立ちすくんでいるわけにはいかない。すぐ後ろに追手が迫っているのだ。

 (許してくれ……)

 彼らは念仏を唱え、心の中で手を合わせながら、死んでいった戦友たちの背中を踏んでいった。

 まさに生き地獄そのもの。部隊55名のうち、生き残ったのはわずか3名だった。

 (なぜ自分は生き残ったのだろう)

 彼はその意味を考え続けていた。

 出航してから三日目、いつものように甲板から波頭を照らす日の光をぼんやり眺めていた時、ふとある考えが頭をよぎった。

 (自分は生きているのではなく、生かされているのではないのか……)

 死んでいった52人の戦友の分までしっかりと生きていく使命を与えられたのだと悟った時、煩悶し続けてきた胸の内が少し軽くなった気がした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北 康利 [作家]

きた・やすとし/昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。松下政経塾講師。著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』、『吉田茂ポピュリズムに背を向けて』(以上、講談社)、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『西郷隆盛命もいらず、名もいらず』(WAC)、『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』(PHP研究所)などがある。最新刊は『佐治敬三と開高健最強のふたり』(講談社)。


ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

ブラジャー。この華やかな商品に一生を捧げた男がいた。戦後京都を代表するベンチャー企業「ワコール」を創業した塚本幸一である。インパール作戦の生き残りという壮絶な戦争体験を持つ彼は、いかにして女性用下着に出会い、その未開市場を開拓していったのか。ベンチャースピリット溢れるその豪快華麗な生涯を、いま最も注目される評伝作家・北康利が描きだす!

「ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一」

⇒バックナンバー一覧