ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
対談:入社1年目の教科書
【第9回】 2016年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

入社1年目の「怒られ侍」が、2年目以後急成長した理由/経済ジャーナリスト・木暮太一<前編>
聞き手:ライフネット社長 岩瀬大輔

1
nextpage

  今回の対談相手は、経済ジャーナリストで友人でもある木暮太一さん。大人気の「カイジシリーズ」はマネーリテラシーが学べる“経済の教科書”。新入社員にもおすすめのシリーズです。
  前編は、木暮さんが語る「入社1年目にやっておくべきこと」から。(構成/両角晴香 撮影/佐久間ナオヒト)

同世代の友人でもある2人。入社1年目の働き方について、両者はどのような考え方を持っているのだろうか。

岩瀬大輔(以下、岩瀬) 木暮さんの「カイジ シリーズ」読ませていただきました。4部作の使い分けやポジショニングはどのような関係性になっているのでしょうか?

木暮太一(以下、木暮) ありがとうございます。最初に誰もが興味ある「お金」の話を書き、続いて2作目は「働き方」をテーマにしました。ここでほぼ完結だったんですけど、2作目の反響が想定以上に大きかった。であれば次回作を…と期待が高まって、3作目は大きく「生き方」にフォーカスしました。

岩瀬 なるほど。お金→働き方→生き方の流れで、明らかに完結していますね。…で、なんですか、この4作目は(笑)。
(編集部注:4作目『カイジ「したたかにつかみとる」覚悟の話』)

木暮 書く予定はなかったんですよ。でも2015年6月、元少年Aの出版騒動をきっかけに気が変わりまして。あの本の制作者サイドは「(お金のためではなく)世間のために作りました」と主張し、周囲の人間も嫌悪感を示しながら、どこか面白がっているように見えました。そこに違和感を覚えて、あらためて正義について書いてみようと思ったんです。

岩瀬 では、正義から出発しつつ、働き方や生き方のほうに…。

木暮 幅を広げました。ですから、「3部作プラス1」という位置づけですね。

 実は、カイジシリーズがここまで人気が出るなんて誰も予想していなかったんです。信じていたのは、僕と担当編集者さんと、営業次長さんくらいなもので(笑)。『カイジ』って昔のマンガでしょ? なんて、書店さんの反応もすごい悪くて。

岩瀬 そうなんですか?僕らの世代的にはマンガ『賭博黙示録カイジ』はノスタルジックな印象なんですよね。大学3~4年生の大人になる直前に読んで、現実社会の厳しさや理不尽感を学んだという。
(編集注:『賭博黙示録カイジ』福本伸行著。1996年から1999年まで『週刊ヤングマガジン』で連載)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
統計学が最強の学問である[ビジネス編]

統計学が最強の学問である[ビジネス編]

西内 啓 著

定価(税込):本体1,800円+税   発行年月:2016年9月

<内容紹介>
累計43万部突破の超人気シリーズに、ついに文系でもわかる「実用書」が登場! 「ビジネス×統計学」の最前線で第一人者として活躍する著者が、。日本人が知らない「リサーチデザイン」の基本を伝えたうえで、経営戦略・人事・マーケティング・オペレーションで統計学を使う知恵と方法を詳細に解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、9/18~9/24)


注目のトピックスPR


岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1998年卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て米国に留学。2006年ハーバード経営大学院(HBS)を日本人4人目のベイカー・スカラー(成績上位5%表彰)として修了。帰国してライフネット生命保険設立に参画。2013年6月より現職。2010年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出。内閣府IT戦略本部専門調査会委員。 主な著書に『ハーバードMBA留学記~資本主義の士官学校にて~』(日経BP社)、『生命保険のカラクリ』(文春新書)、『ネットで生保を売ろう!』(文藝春秋)、論文に「規制緩和後の生命保険業界における競争促進と情報開示」(「保険学雑誌612号」2011年3月号)などがある。


対談:入社1年目の教科書

「対談:入社1年目の教科書」

⇒バックナンバー一覧