ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
対談:入社1年目の教科書
【第6回】 2013年4月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO],杉村太蔵

「3つの原則」でつかんだ
社会人1年目のシンデレラ・ストーリー
杉村太蔵 <後編>
聞き手:ライフネット生命保険副社長 岩瀬大輔

1
nextpage

前回に引き続き、杉村太蔵さんの「社会人1年目」の話。外資系証券会社への転職を実現した杉村さん。このシンデレラ・ストーリーには、「政界進出」というさらなる驚きの続きがあった。(一部肩書きは取材時のものです)

 

前衆議院議員の杉村太蔵氏(左)とライフネット生命の岩瀬大輔氏(右)「似てる」と言われる2人だが、果たして中身も似ているのか?(撮影/宇佐見利明)

 


 

 

 

 

郵政改革についての資料集めが
「運命の出会い」をもたらす

岩瀬 ドイツ証券では、ほかにはどんなお仕事をしていたのですか?

杉村 コピー取りから何から何までやりました。でも僕にとっては、決して入れることのできなかったセキュリティの壁の向こう側での仕事、大出世です。そもそも僕が採用されたのは、運が良かったということもあるんです。当時、ちょうど「四半期決算」が導入される頃で、それまで年に2回だった報告書が3カ月に1回になったんです。

岩瀬 事務量がめちゃくちゃ増えたというわけですね。

杉村 そうなんです。それで、全アナリストのアシスタントのようなことをやっていました。最初は証券コード(一般的には銘柄名を示す4ケタのコードのことを指す。ライフネット生命は7157)を覚えることから始めましたね。文句ひとつ言わずなんでもやっていました。

岩瀬 どのくらいの期間ですか。

杉村 3カ月くらいでしょうか。その時です、ちょうど郵政解散があって。

岩瀬 2005年8月でしたね。小泉内閣の衆議院解散、あのタイミングだったんですか。

杉村 当時の株価は今くらい、1万1000円から1万3000円の間を行ったり来たりしていました。郵政解散で郵政改革が成就したら、株価は大きく上がるだろう。ひいては選挙の動向を調べろと言われたのです。

25歳の若造がわかるわけがない。それで新聞記事を切り抜いたりしてレポートを作っていたら、ちょうど自民党の公募記事に出合ったのです。

岩瀬 運命的ですね。

杉村 そこに書かれていたのが「郵政改革と構造改革について」1600字の論文という課題です。さっそく外国人幹部や先輩たちが普段から話していることをまとめて、提出しました。皆さんの主張をまとめ、「~と私も思う」で締めくくって(笑)。

岩瀬 『入社1年目の教科書』では「仕事は総力戦」いかに人の力を借りてアウトプットをするかと書きましたが、ある意味究極の形ですね(笑)。

次のページ>> 第一印象で勝ち抜ける
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩瀬大輔 [ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長兼COO]

1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1998年卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て米国に留学。2006年ハーバード経営大学院(HBS)を日本人4人目のベイカー・スカラー(成績上位5%表彰)として修了。帰国してライフネット生命保険設立に参画。2013年6月より現職。2010年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出。内閣府IT戦略本部専門調査会委員。 主な著書に『ハーバードMBA留学記~資本主義の士官学校にて~』(日経BP社)、『生命保険のカラクリ』(文春新書)、『ネットで生保を売ろう!』(文藝春秋)、論文に「規制緩和後の生命保険業界における競争促進と情報開示」(「保険学雑誌612号」2011年3月号)などがある。


対談:入社1年目の教科書

「対談:入社1年目の教科書」

⇒バックナンバー一覧