ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずるい暗記術
【第22回】 2016年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤大和 [弁護士]

一生使える勉強法の超入門(下)
「ウォーリーをさがせ!」に学ぶ超効率的な学習法

1
nextpage

日本でベストセラーとなり、韓国でも発売された『ずるい暗記術』。韓国プロモーションで大好評だった講演会の模様をダイジェスト版でお伝えします。

「ウォーリーをさがせ!」が勉強法のカギを握っている

 暗記術の極意は、答えを見ることです。

 通常は、参考書を読んで、問題を解いて、答えを確認します。

 でも、私が編み出したのは、「答えを見て、問題を見て、参考書を読む」です。

 答えを知ることから始めると、驚くほど頭に吸収できます。

 なぜ、答えから見るのか?

 合格することが目的だからです。時間がなくても、無理して理解しなくて、答えを思い出すことができます。

 また、問題の傾向や対策がわかります。膨大な参考書を茫然に読むのでは意味がありません。問題が問われているところから勉強するほうが効率的です。

 ラクであり、最小の勉強法。少しずつ広げていくため、負担が少ないのです。

 勉強は、「ウォーリーをさがせ!」といっしょです。

 「ウォーリーをさがせ!」を漠然と見ても、ウォーリーを見つけられません。ウォーリーという視点があるから素早く発見できるのです。勉強もそうです。答えを最初に知っておくと、参考書、教科書の中で、どこが大事なのかがわかります。

 ウォーリーとは「大事な論点、疑問点、答え」です。

 それを知ってから読むことが大事。

 教科書を漠然と読んでも、どこが大事かわからなければ、ただの時間のムダ。過去問は、合格するための情報の宝庫。まずは、答えを見る。問われ方も見てください。10年分過去問が終わったら、問題集を見る、そして、どのように問われているかを確認。早い人で1週間で終わる。そのあとに、参考書を読みます。そうすると、どこが大事か一目瞭然です。

 時間は有限。限られた時間で勝負しなければいけません。

 天才は問題を見ただけで答えられる。結果の出ない人は、効率的にやる必要があるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐藤大和 [弁護士]

レイ法律事務所代表弁護士(東京弁護士会所属)
1983年生まれ。宮城県石巻市出身。高校時代、模試では偏差値30のダントツビリで落ちこぼれ。大学生になってから勉強に目覚め、2009年の司法試験に1回目で合格(民事系科目は上位5%以内で合格)。11年、弁護士となり、大手法律事務所を経て、14年4月、レイ法律事務所を設立し、経営者弁護士として、2016年1月には国内の法律事務所でTOP5%以内の事務所規模に成長させる。TBS「あさチャン!」、フジテレビ「バイキング」のコメンテーターのほか、NHK Eテレ「Rの法則」などに出演。フジテレビ「リーガルハイ」、テレビ朝日「グッドパートナー 無敵の弁護士」、日本テレビ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」など数多くの人気ドラマの法的監修も手掛ける。15年9月には『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を出版し、ニューヨークタイムズ、スウェーデンの新聞社など海外からも取材も受けるマルチ弁護士として活躍中。

 


ずるい暗記術

偏差値30の学年ビリが、司法試験になんと1発合格! 資格試験、英語、大学受験、入社試験ほか、「答え」が存在する試験で、効率的に結果を出す勉強法が『ずるい暗記術』です。本書より、常識とはかけ離れたこの勉強法がなぜ、効果的なのか? 著者の魅力と勉強法のポイントを合わせて紹介していきます。

「ずるい暗記術」

⇒バックナンバー一覧