ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
一流の頭脳の磨き方
【第1回】 2016年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
山崎裕二,岡田美紀子

世界のエリートが「頭がよくなる」ためにしている「○○」とは?

1
nextpage

世界のトップクラスのエリートは、学校を出てビジネスの世界に入っても、多忙な時間の合間をぬって、必死に勉強を続けるという。では、彼らエリートたちは、実際のところ「何」を勉強しているのだろう。その詳細をまとめた書籍『世界の最も野心的なビジネスエリートがしている一流の頭脳の磨き方』より、その一部を紹介する。

世界のエリートはどうやって「頭脳」を磨いているのか?

 日々、仕事をしているなかでまわりを見回すと、なんとなく一歩抜け出せない人、売上げがなかなか伸びずに遅れを取っている人がいる一方、いち早く出世している同僚や事業で成功している社長もいる。

 それほど経験の変わらないはずの同期ですら、「彼は自分と同じ人間で、同じ24時間で仕事をしているのか?」と不可解に思えるほど生産性の高い人がいるものだ。

 身のまわりでなくとも、次々と画期的なサービスを企画したりヒット商品を連発したりする人がいる。毎日が24時間なのはだれもが同じで、使える時間も似たり寄ったりのはずなのに、なぜここまで大きな差が生じるのだろう。

 その理由を突き詰めて考えてみると、そもそも「インプットの質と量が違う」ということに気づかされる。インプットが人と変わらなければ、アウトプットにも限界がある。事実、生産性の高いビジネスパーソンと話してみても、知識量が抜きんでていることが多い。勤務時間中にどれだけ質の高いパフォーマンスを続けるかも当然大事だが、その質を生んでいるのは、仕事時間以外でのインプット、すなわち「勉強の質と量」なのだ。

 では、顕著に生産性が高い人たち、仕事の成功率が高い人たちは具体的に何を学んでいるのだろうか。

 ビジネスパーソンの勉強というと、英語やIT系のスキルを思い浮かべるかもしれないが、それらはしょせんツールに過ぎない。もっと「本質的な学び」に時間をかけなければ、ビジネスパーソンとしての能力を大きく底上げすることはできないだろう。

 この「本質的な学び」というのは、たんにMBAの理論のようなものだけでなく、「プレッシャーのかかる場面での判断の技術」や、「自分の人格を客観的に把握すること」といった、「知識」の枠に収まりきらない、仕事の「知力」を磨き抜く学びのことだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



山崎裕二(やまさき・ゆうじ)
早稲田大学政治経済学部卒業。東芝、ゲートウェイ等を経て、IT企業米国法人でシニアプロダクトマネジャー。2007年、カリフォルニア工科大学でテクノロジー・マーケティングのサーティフィケイトを取得。2011年、オックスフォード、ケロッグなどと並び世界トップ5のEMBAとして知られ、世界各国から経営層の集うUCLA-NUS Executive MBAを卒業、EMBA学位取得。現在はIT企業マーケティング部門にてディレクター職を務める。GE、マイクロソフト、モルガン・スタンレーなどグローバルに活躍するEMBA卒業生の組織Japan EMBA Alumni事務局を運営。
 

岡田美紀子(おかだ・みきこ)
南山大学法学部卒業。リクルートグループ (現:リクルートキャリア)入社。勤続10年の間に、企業向け採用コンサルティング、事業開発部にて個人向けサービス企画、営業企画立ち上げなどを経て、現在はリーダーシップで有名な米系大手グローバル企業にてHRマネジャー。専門は、戦略人事、タレントマネジメント、キャリア開発、リーダーシップ開発。2009年、UCLA-NUS Executive MBAを卒業、EMBA学位取得。卒業後もUCLA-NUS EMBAの日本での活動のサポートを行い、共著者の山崎と共にJapan EMBA Alumni事務局を運営。
米国CCE, Inc.認定キャリアカウンセラーGCDF取得。EDPPC: Executive Diploma in Positive Psychology and Coaching(ポジティブ心理学コーチング課程修了)。
 


一流の頭脳の磨き方

世界のトップクラスのエリートは、学校を出てビジネスの世界に入っても、多忙な時間の合間をぬって、必死に勉強を続けるという。では、彼らエリートたちは、実際のところ「何」を勉強しているのだろう。その詳細をまとめた書籍『世界の最も野心的なビジネスエリートがしている一流の頭脳の磨き方』より、その一部を紹介する。
 

「一流の頭脳の磨き方」

⇒バックナンバー一覧