ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣
【第36回】 2016年6月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
竹下雄真 [デポルターレクラブ代表]

体がかたい人は、うつになりやすい?

ダイヤモンド社より発売され、早くも増刷が決まった話題の1冊、『外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣』よりその一部を抜粋してお届けする。

体と心を分けて考えるのは人間の勝手な都合

 心が弱っていたりネガティブな思考の人は、体のかたい人が多い。

 整体師によると、うつの傾向がある人の体を触ると、凝り固まっていることが多いという。

 これは何を意味するのだろうか?

 体がかたいと肩こりや腰痛に悩まされるようになる。自律神経に影響が及べば、つねに体調が安定しなくなるだろう。よって、毎日体調を気にしなくてはならなくなり、気分も落ち込んでくる。

 一方、マイナス思考でネガティブな人は、あまり外出しなくなり、運動をしなくなったりして、体もかたくなるだろう。

「体がかたいからネガティブになる」「ネガティブだから体がかたくなる」。どちらも言えそうだ。

 私がよく言うのが「体に不調がある人は気持ちから変えよ。心に不調がある人は体から変えよ」という言葉だ。

 「心」と「体」というように分けて考えているのは人間の勝手である。あたりまえだが、もともと心も体もひとつなのだ。

 よって、心に不調がある人が心だけを変えようとしても無理がある。心を変えたいならまず体を変えることで、全体が整い不調は解消されるのだ。「心を変える」と言っても目に見えないものだし、なかなか難しいものがあるが、体を変えることならできる。

体の余裕は、心の余裕、人生の余裕につながる

 もしあなたがポジティブな気持ちになりたいのであれば、毎日のヨガをすることで体をやわらかくすることにチャレンジしてみてはどうだろうか。

 そのうち体調もよくなり、こわばっていた心も溶け出し、穏やかな気分が訪れるはずだ。

 柔軟性を高めることで体の可動域は広がる。体の可動域が広がることで心の可動域も広がる。

 心の可動域というのは「器」とも言い換えられる。心の可動域が広がり、心の柔軟性が高まると、ちょっとしたストレスも取るに足らないものになるだろう。

せまい心だとちょっとしたことにイラッとしてしまうが、大きな心を持っていれば、なんでもないことに思える。するとなにごとも恐れずにチャレンジできるようになるはずだ。

 心身の可動域が広がることは、人生の幅が広がることにもつながるのである。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


竹下雄真 [デポルターレクラブ代表]

1979年3月26日神奈川県出身。早稲田大学大学院修了。アメリカシアトルでパーソナルトレーナー研修に参加。帰国後、フリーのパーソナルトレーナーを経て、都内パーソナルトレーニングジムでマネージャーパーソナルトレーナーとして、多くの著名人やスポーツ選手、芸能人の肉体改造に携わる。退社後、大手広告代理店に在籍し、街づくりなどのソーシャルメディアやイベントを担当。その後、独立し株式会社ポジティブを設立。会社経営の傍ら、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科スポーツマネジメントコースでスポーツビジネスを学び、スポーツ修士課程を修了。2011年5月西麻布にプライベートパーソナルトレーニングジム、デポルターレクラブをオープン。2014年よりデポルターレヨガを開始。経営者や外資系ビジネスマン、政治家、プロ野球選手、F1選手も通う人気のプログラムとなっている。


外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣

ヨガは女性のものというイメージが定着しているが、いま働く男性のあいだでもヨガが再評価され、始める人が急増しているという。体の柔軟性や呼吸法は男性にとっても、とても大切なものだ。仕事のスキル以前に体が整っていないと、基礎ができていないのと同じこと。本書はありそうでなかったビジネスマン向けのヨガ入門だ。

(取材・構成:大畠利恵 ヨガトレーナー:金井俊希)

「外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣」

⇒バックナンバー一覧