ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
定年までにやるべき「お金」のこと
【第12回】 2016年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
深田晶恵

賃貸派必見!家が欲しい妻を
納得させるファイナンス理論
対談 第2回

1
nextpage

“経営と財務のプロ”の立場から、ビジネスパーソンに向けて『一生モノのファイナンス入門 あなたの市場価値を高める必修知識』を上梓した朝倉智也さん。そして、4月に『平均寿命83歳!貯金は足りる?定年までにやるべき「お金」のこと——年金200万円で20年を安心に生きる方法』を書いた家計診断のプロ・深田晶恵さん。今回は、この2人が「夫婦で共有したい家計とファイナンスの考え方」について語り合います。

4000万円の家と15万円家賃の家
どっちがお得?

朝倉 先日、セミナー後の懇親会で『一生モノのファイナンス入門』を読んだという女性とお話しする機会があったんです。聞けば、「せっかく住宅ローン金利も下がっていることだし、そろそろ家を買いたい」と思っていたそうなのですが、ご主人は家を買うのに反対で、明確な理由の説明がないのでこれまでは納得できずにいたそうなんですね。

朝倉智也
[モーニングスター株式会社 代表取締役社長]1989年慶應義塾大学文学部卒。銀行、証券会社にて資産運用助言業務に従事した後、1995年米国イリノイ大学経営学修士号取得 (MBA)。その後ソフトバンク株式会社財務部にて資金調達・資産運用全般、子会社の設立および上場準備を担当。1998年、モーニングスター株式会社設立に参画し、米国モーニングスターでの勤務を経て、2004年より現職。第三者の投信評価機関として、常に中立的・客観的な投資情報の提供を行い、個人投資家の的確な資産形成に努める。 主な著書に『〈新版〉投資信託選びでいちばん知りたいこと』『30代からはじめる 投資信託選びでいちばん知りたいこと』(ともにダイヤモンド社)、『低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー』(朝日新聞出版)がある。

深田『一生モノのファイナンス入門』では、ファイナンスがプライベートでも役立つ例として、ファイナンスに基づいた「買ってもよい購入価格」の考え方が紹介されていましたよね。

朝倉 そうなんです。たとえば、「賃貸で住めば家賃15万円のマンション」を購入する場合、不動産投資として考えると、賃貸に出した場合は月15万円が家賃収入になります。

 このキャッシュフロー30年分を、不動産の運用利回りを3%として割り引いて「現在価値」に換算すると、約3550万円。つまりファイナンスの考え方に基づけば、これより高い場合は買うべきではないということになります。

ですから、このマンションの場合、購入価格が3550万円以下であれば買ってもいい。しかし4000万円なら、賃貸で住んだ方が得ということなんです。

 さらに言えば、マンションを買うときは住宅ローンを組むのが一般的ですよね。仮にこのマンションの購入価格が3500万円で現在価値より安いケースを想定しても、「30年返済、金利2%で元利均等返済、月々の返済額が約12万9000円」でローンを組むと総返済額は4600万円を超えます。ですから、このマンションは3500万円でもお買い得とは言い難いわけです。

深田 「ずっと賃貸で家賃を払い続けるのはもったいない」と考える人は少なくありませんし、住宅ローンを組むときは「返しきれるかどうか」ではなく「月々の返済額が払えそうかどうか」にばかり目が向きがちなものです。

そこでマンションの売り手から「貸すと家賃15万円を見込めるマンションが、月々12万9000円の返済で買えますよ」とセールストークを聞かされると、「それなら……」と思ってしまうんですよね。

朝倉 もちろん、住まいはライフスタイルにも大きく影響しますから、住宅の価値はファイナンス的な考え方だけで計れるものではないと思います。しかし、うっかり“高すぎる買い物”をすれば人生設計が変わってしまうこともありますから、やはり慎重に検討することは必要でしょう。懇親会でお話しした女性は、ファイナンス的に住宅購入を考える視点を知ったことでご主人と「家は賃貸でいい」と意見が一致したそうで、「夫婦の絆が深まりました」とおっしゃっていました。

深田 1冊の本が会話のきっかけになって夫婦の関係が強くなったというのは、いいお話しですね(笑)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


定年までにやるべき「お金」のこと

老後年収200万円で20~30年を生き抜ける?
世帯年収700~1200万円が、いちばん危ない!

現在の40~50代は「重すぎる住宅ローン」、「高騰する教育費」、「消費好き」…の三重苦を背負っており、老後資金が不足する可能性が高い世代。今の年収がそこそこ高く、老後は「なんとかなるだろう」と思っているあなたは、実は「下流老人予備軍」 になっているかも?

現在でも、年金生活者の赤字はこの5年で年間26万円も増加。75万円も不足しています。
今の年収が高くても老後の年収は年金で200万円前後。平均寿命83歳なのに老後20年~30年を生き抜けるか……。

20年で4000件の家計をみてきた著者が、定年後、老後年収200万円で20~30年を幸せに生きるために、今からそなえておきたいノウハウを詳しく伝授!
住宅ローン、年金、保険、資産運用、教育費まで、「少し先の予測」をしておくことで将来の安心が手に入ります。

「定年までにやるべき「お金」のこと」

⇒バックナンバー一覧