ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

リスク回避の高まりは何をもたらすのか

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第144回】 2010年9月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 米国の、米国株で運用する投資信託は、8月半ばまで16週連続で資金が流出している。一方、米国の長期金利は2%台半ばまで低下し、社債など国債以外の債券も利回りは低下傾向にある。大きな原因の一つとして、米国投資家のリスク回避傾向が挙げられている。

 長期金利の低下は、中長期的な名目成長率の低下予想が支配的になってきたから──と考えるのが素直な解釈の一つだ。物価上昇率と実質成長率とどちらの下落が大きいのかが問題だが、たぶん「両方」だろう。今後、低成長・低インフレの時代がくるのだとすれば、現在の、あるいはそれよりもさらに低い金利水準が「ニューノーマル」になる可能性は確かにある。加えて、投資家のリスク回避傾向が強化された場合、さらに実質金利が低下しておかしくない。

 米国で「投資家の株離れ」が本格的に起こっているのだとすると、直接的には、投資家のリスク回避傾向が強化されたためである可能性が大きい。近年の研究では、投資家は個人としても、集団としても、過去の経験の影響を強く受ける、と考えるものもある。この見方によると、金融危機を経験した投資家は、これを経験していない投資家と比較して、よりリスク回避的に行動するようになると考えられる。

 リスク回避の度合いが、どのような刺激によって、どのくらいのスピードで変化するのか、という問題は非常に興味深いが、まだ定説はないようだ。考えてみるに、リスク回避の程度を測定することからしてそうとうに難しい。

 仮に、投資家のリスク回避の程度が強化されたのだとすると、同じ利益成長率の予想に対して、株式の益利回り(1株利益を株価で割った利回り)が持つ金利に対する上乗せ幅が上昇するはずだ。この状況は、株価を評価する際のリスクプレミアム(投資家がリスク負担に対して要求する追加的な収益率)がより高くなっていると考えてもいい。現在の米国株が、こうした方向に向かっている可能性は小さくないだろう。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧