ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

転職で良い仕事をつかめる人、つかめない人の違い

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第40回】 2016年6月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

転職の女神には前髪しかない!?

企業は一度内定辞退した人に興味などありません

 長年にわたって人材紹介業に携わっていると、転職はご縁としか言いようのない場面に多々遭遇します。

 以前、30代前半の候補者を担当したときのことです。この方は転職活動を始めると、すぐにポンポンと内定を3つ取ったのですが、残念ながら「どの話もいま一つに思えるので今回は全部見送らせてください」と断り続けました。

 本人は「ちょっと転職活動をしただけでこんなに内定が取れたのだから、もっと良い条件のオファーがもらえるだろう」と考えて内定を辞退したのです。ところがその後はずっと転職活動してもなかなか内定を獲得できず、ついには「先日お断りしたあの会社、もう一度応募してもよいですか」とのご相談がありました。

 しかし企業は一度内定を辞退した人に対して「もう興味ございません」ということがほとんどです。よく「幸運の女神には前髪しかない」と言われますが、まさに前髪をつかみ損ねたケースでした。

 転職活動を半年なり1年なり行っている間にも、こうしたバイオリズムのようなものがあります。基本的に本人の力は変わっていないのに、結果に大きな差が生まれるようなことが起こるのです。いまオファーがいっぱいあるからといって、この先も来年もオファーをいっぱいもらえるとは思わないほうがよいでしょう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

35歳以上の転職がもはや当たり前の時代になり、これからはより多くの人が転職を意識することになる。しかしそのときに「転職の作法」を全く知らないがために、失敗し続けてしまっては本末転倒だ。この連載では、失敗した人を具体的な事例として出しながら、何が悪かったのか2万人を見てきた転職コンサルタント丸山貴宏の視点で一刀両断。成功へと導く手助けをします。

「転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏」

⇒バックナンバー一覧