ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米警察官の黒人射殺事件は新たな人種問題の火種か

ダイヤモンド・オンライン編集部
2016年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
白人警官による黒人市民射殺事件を受けて、全米各地で連日抗議デモが起きている Photo:REUTERS/AFLO 

相次ぐ警察官による黒人射殺事件への抗議デモが行われていた米テキサス州ダラスの繁華街で、7日夜、警察官を標的にした狙撃事件が発生した。少なくとも11人の警察官と1人の民間人が撃たれ、5人の警察官が死亡。人種問題が背景にあるとされる警察の不当な暴力に抗議するデモは、警察官が次々に殺害されるという前代未聞の結末を迎えた。事件を振り返りながら、アメリカで大きな社会問題となっている警察官による過剰な発砲についても考える。(取材・文/ジャーナリスト 仲野博文)

友好的なムードだった抗議デモ
突然の発砲で周囲はパニック状態に

 警察官が黒人を射殺するケースが後を絶たないアメリカ。5日にはルイジアナ州バトンルージュで37歳の男性が2人の警察官にタックルされ、路上に体を押し付けられたまま胸部を銃で撃たれ死亡した。翌日にはミネソタ州ファルコンハイツで、走行中の自動車のライトが壊れていたことを理由に停車を求められた学校職員の黒人男性が、免許証を警察官に手渡そうとした際に突如発砲され死亡した。

 バトンルージュのケースでは、周辺の目撃者や商店主が携帯電話で一部始終を撮影し、それをSNSで公開した。ファルコンハイツのケースでも、同乗していた男性のガールフレンドが、撃たれた男性の様子や警察の対応を携帯電話からライブで動画配信した。これらの映像は瞬く間に多くの人にシェアされ、警察の過剰な暴力の様子が改めて知られることとなった。

 ファルコンハイツの事件まで含めると、今年の1月から少なくとも123人の黒人が警察官によって殺害されている。「激しく抵抗したため、やむを得ない措置であった」という警察側の弁明は、スマホの普及やSNSの登場によって、昔のように簡単に受け入れられなくなってきた。5日と6日に連続して発生した警察官による過剰な発砲は、アメリカ国内でも大きな衝撃をもって報道され、警察による行き過ぎた力の行使に抗議する集会が7日に全米各地で開かれた。ニューヨークやワシントン、シカゴといった町に加えて、ダラスでも同様の集会が行われ、約800人が町の中心部に集まっていた。

 地元メディアの報道では、ダラスの抗議集会には警備目的で約100人の警察官も配置されていたが、集会は穏やかなムードで行われ、警備の警察官と笑いながら写真撮影する参加者の様子もツイッターに投稿されていた。集会が終わる直前、午後9時前に狙撃が始まり、次々と警察官が倒れ、現場は一瞬にしてパニックになったのだという。集会に参加していたクラリサ・パイルスさんが当時の状況を語ってくれた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ニュース3面鏡

インターネットの登場以来、以前にもまして巷にはニュースがあふれ返っています。そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。

「ニュース3面鏡」

⇒バックナンバー一覧