ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ユニーク企業の仰天戦略

ガリガリ君は実は「大人の食べ物」だった!

曲沼美恵 [ライター]
【第7回】 2016年7月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
赤城乳業・マーケティング部部長の萩原史雄さん Photo by Toshiaki Usami

夏だ、アイスだ、ガリガリ君だ!
というわけで、今回は赤城乳業をレポートしている。我ながら、シンプルすぎる発想だなとは思う。しかし、25年間も値上げを我慢した会社だ。きっと、まだ報じられていない仰天戦略があるはず――。前回レポートしたように、工場見学を終えた我々は、「ガリガリ君戦略」の陣頭指揮をとるマーケティング部部長の萩原史雄氏に、じっくりとインタビューすることにした。

なぜ値上げを決断した?
語られた「お詫びCM」の真実

 「これ、おもしろですか、それとも、まじめな話?」

 いきなり萩原さんにそう突っ込まれ、言葉に詰まった。まじめに戦略を探りに来ているつもりだが、そのあたりのところが、どうも理解されていないようだ。しかたなく、こう答えることにした。

 「えーっと、おもしろまじめです」

 質問にはあくまで、まじめに答えていただきたい。

――というわけで、改めて「お詫びCM」の件について伺いたいのですが、どのような経緯であのCMを流そうという話になったのでしょうか?

 「じつは、1991年に50円から60円に値上げする時にも広告を打っています。2010年にガリガリ君の欠品騒ぎがあった時も、ガリガリ君に頭を下げさせた。ですから、今回も何かやろうという話は最初から出ていまして、去年の12月くらいには決定していました」

――会長以下、100人の社員が頭を下げるというアイディアもその時に?

 「実際は、会長以下120人ですね。CMですから、当然、コンペをやりまして、別の案も検討されてはいました。一時、やらない方向に話が流れたこともあったのですが、まあ、最後は会長がゴーサインを出しました」

――やめようという流れになった際の理由は?

 「予算の問題です。うち、もともとお金ないんで」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

曲沼美恵[ライター]

1970年生まれ。大学卒業後、日本経済新聞社に入社。2002年からフリーに。近年はビジネス誌やウェブサイトで、ルポルタージュやインタビュー、コラム等を執筆。近著に『メディア・モンスター:誰が黒川紀章を殺したのか?』(草思社)がある。仕事に関する情報はブログでも紹介中。「ニュース」より「人」に興味あり。

 


ユニーク企業の仰天戦略

ユニークな商品・サービスを生み出している会社には、どんな経営者がいるのだろう?大企業には真似できない仰天の戦略でグローバル時代を生き残ろうと模索する、「小さな巨人たち」を追いかける。

「ユニーク企業の仰天戦略」

⇒バックナンバー一覧