ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【漫画】未来世紀チャイナ~光太郎とリンのタイムトラベル物語

【漫画】未来世紀チャイナ
~光太郎とリンのタイムトラベル物語
第4話「オイルショックは工場の絆を呼び戻す?」
(1979年)

月村朝子
【第4回】 2010年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回のあらすじ]上海万博の会場からいきなりタイムスリップしてしまい、過去の日本をさまよう光太郎とリン。高度経済成長時代の大阪から、今度はニクソンショック直後の銀座へ辿りついた2人は、そこでアパレルメーカー・レナード産業の吉井社長に出会い、つきまとわれる。円高で羽振りのよい吉井が、円高で凋落した元貿易商のガードマンに辛く当たる姿を見て、光太郎はニクソンショックによる為替変動が日本経済に大きな構造変化を起こしたことを知る。安い人民元に頼って大量の輸出を行なっている中国経済にも、いずれは痛みを伴う為替政策が必要なのでは――。(全8話 漫画・月村朝子)

次のページ>> こちら
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


【漫画】未来世紀チャイナ~光太郎とリンのタイムトラベル物語

ダイヤモンド社と株式会社シンクのコラボでお届けする「デジタル経済漫画」。第3弾は「未来世紀チャイナ」(全8話、漫画/月村朝子)。中堅百貨店の中国法人に赴任中の新人企画マン・山上光太郎は、総経理直々に、手詰まり感がある会社経営の現状を打開するための戦略レポートを作成するよう命じら、途方に暮れる。週末、ガールフレンドのリンと上海万博を訪れた光太郎は、ひょんなことから過去の日本へタイムスリップしてしまい、様々な歴史的経済事件の現場を目の当たりにする。果たして2人は、無事2010年の上海に戻ることができるの

「【漫画】未来世紀チャイナ~光太郎とリンのタイムトラベル物語」

⇒バックナンバー一覧