ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

口喧嘩に包丁!? DV彼女と命懸けの同棲を続けた男の事情(下)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第35回】 2016年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

 早速、誠さんは有給休暇をとって会社を休み、隣県にある彼女の実家を訪ねたそうです。インターフォンを押すと対応してくれたのは彼女の母親でした。

 誠さんは「きっと不審に思われるだろう。その場で怒られても仕方がない」と覚悟をして気を張っていたのですが、しかし、実際には「うちの娘が迷惑をかけて……」と母親がすまなそうな感じで話しかけてくれたので、拍子抜けしたそうです。母親は怒るどころか、むしろ誠さんを気遣ってくれたのです。

 誠さんは、彼女が父方の祖母の家に隠れていると母親から聞き、母親は誠さんに対して「娘(彼女)に早く戻るよう」伝えることを約束してくれたのです。誠さんは母親との間で前向きな話をすることができ、ホッとしたそうです。とはいえ、実家の玄関先では緊張しっぱなしで気まずかったので、用件が終わると足早に立ち去ろうとしたそうです。

 しかし、誠さんには予想外の展開が待っていました。突然、母親が娘(彼女)の愚痴をこぼし始めたのです。「小さい頃から本当に困った子でねえ。ちょっとでも気に入らないことがあると、見境なく食ってかかる性格なのよ。相手が誰でもね」

 常識的に考えれば、自分の娘は欠点や落ち度、短所は隠しておきたいもの。それなのに母親が自らカミングアウトし出したのです。しかも、誠さんが一切、相槌、返事、共感をしていないにもかかわらず、どんどん話を畳み掛けてきたそうです。

 「これは娘が大学4年のときの話ね。ちょうど就職氷河期で、なかなか就職が決まらず、大変だったわ。娘は証券会社を希望していたんだけど、大手はことごとく断られたのよ。娘はあろうことか、その企業の一つに脅迫状のような手紙を送りつけたそうなの。後日、人事の人から、うちにお詫びの電話があって分かったことなんだけど、その企業から訴えられなかっただけ、不幸中の幸いですよ」

 母親から彼女の悪しきエピソードを聞くにつれ、誠さんは背筋がゾッとして嫌な汗が流れるのを感じたそうです。なぜなら、母親の話は誠さんが彼女から受けた仕打ちと酷似していたからです。

同棲再開も何も変わらず
ささいなことから彼女が包丁を取出し

 誠さんはその足で祖母の家を訪ね、彼女と面会しました。誠さんが終始、低姿勢で接したのかが良かったのでしょうか。彼女は「そろそろ戻ろうかと思っていたの」と約束してくれたそうです。もちろん、「私の何が悪いの!」と言わんばかりの態度だったようですが。こうして彼女は悪びれることもなく、誠さんとの同棲を再開したのです。

 しかし、彼女は『相変わらず』で、反省したり、改心したり、言動を改めようとする気配はなかったそうです。もちろん、彼女が上、誠さんが下という力関係もほとんど変わらず、たびたび彼女がヒステリーを起こすという日々でした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧