ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

林文子・横浜市長が少子化社会に緊急提言!(上)
「横浜は活力を失いつつある日本社会の縮図。
待機児童を解消し、子育て支援に全力を注ぐ」

2010年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

昨年、民間から転身した林文子氏が横浜市初の女性市長に就任してから、1年が経った。莫大な人口を抱える横浜市は、「日本社会の縮図」ともいうべき少子高齢化の波に晒されている。生産年齢人口の減少が続く一方で、国の将来を担うべき若い人口を増やすための子育て支援は必ずしも充実しておらず、保育園に入れない待機児童の数は全国最大規模となっている。危機的な少子化社会の現状に警鐘を鳴らし、「待機児童の解消」を公約にして当選した林市長が、子育て支援の重要性とこれまでの成果を語る。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン 小尾拓也)

はやし・ふみこ/1946年生まれ。東京都出身。東京都立青山高等学校卒業。横浜市長、東京女学館大学国際教養学部客員教授、内閣府男女共同参画会議議員。東洋レーヨン(現東レ)、松下電器産業(現パナソニック)などを経て、77年にホンダの販売店に入りトップセールスを記録。87年に入社したビー・エム・ダブリュー東京事業部(現ビー・エム・ダブリュー東京)では、初の女性支店長に就任。99年以降、ファーレン東京(現フォルクスワーゲン東京)社長、ビー・エム・ダブリュー東京社長、ダイエー会長兼CEO、日産自動車執行役員、東京日産自動車販売社長などを歴任。09年女性として初の横浜市長に当選、現在に至る。

――昨年、林市長が民間から転身して、横浜市初の女性市長に就任してから、1年が経ちました。360万人以上の人口を抱える横浜市は、生産年齢人口の減少や老齢人口の増加という「日本社会の縮図」ともいうべき少子高齢化の波に晒されています。

 また横浜市は、待機児童数が多い自治体としても知られています。林市長は、子育て支援の充実、特に保育園などに入れない「待機児童」の解消を公約に掲げて当選しました。改めてその思いを聞かせてください。

 待機児童の解消は、喫緊の課題であると考えていました。私は、民間企業の経営に長く携わり、保育所に子どもを預けることができずに、仕事を断念せざるを得なかった優秀な女性社員を、何人も見てきました。

 企業だけでなく、社会全体を良くするためにも、もっと女性の管理職や経営者が増えることが大事だと思っています。そこで市長になって、女性のキャリアアップを阻む待機児童の問題に、積極的に取り組みたいと考えました。

 実際、働き方は多様化しているのに、幼い子どもを抱える保護者への対応策は、必ずしも充実していません。たとえば、横浜市の調査では、未就学児童を持つ働いていない保護者の7割が就労を希望しているものの、そのうち9割はパートやアルバイトを希望しているという結果が出ました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧