ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就活生のための企業調査入門

就活の第一歩は、企業を知り、第一志望を決めること。、就活生向けに、経済出版社ならではの企業調査ノウハウを公開します!

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「就活生のための企業調査入門」の全記事一覧
  • 第9回(最終回) 偶然を大切にしてこそ、就活は成功する 

    [2011年03月11日]
    一生を左右する就活だけに、きちんと計画を立て、自分を知りつつステップを踏んでゴールを目指さねば……特にきまじめな人は、計画的であることを重視するあまり、偶然の出会いを軽視する傾向があるのではないでしょうか。

  • 第8回 親だからこそできる、就活生へのアドバイス 

    [2011年03月04日]
    親から、30年前の優良企業や人生観で口を出されても、面倒くさい気持ちになるのはだれも同じです。その点を押さえた上で、それでも就活のことで親ともきちんと話をすることは決してムダではありません。

  • 第7回 記事を書くつもりで企業研究をしよう 

    [2011年02月25日]
    自分が何を知らないのか、それをチェックするために最適な作業が、志望企業に関する文章を書いてみることです。知識のあやふやさや偏りがあれば客観的に正確に書くとことは不可能。「わかったつもり」と「知っている」はまるで違うのです。

  • 第6回 同業者に聞け! 

    [2011年02月18日]
    プロ野球の読売ジャイアンツについては、ライバルチームのファンも同じようにチームの事情に詳しいのではないでしょうか。ライバルの方がよく知っている。これは企業でも同じことがいえます。

  • 第5回 下らない質問をしないこと 

    [2011年02月11日]
    合同会社説明会などの場にいって、企業のブースでの就活生の質問を耳にする機会があります。毎年のことながら、妙な感心をしてしまうものです。実に中身が下らないからです。

  • 第4回 現場にはあなたが知りたい情報が
    たくさん転がっている 

    [2011年02月04日]
    現地現認。企業倒産のニュースで情報源として名前が出る調査会社の、調査担当者が新人時代に叩き込まれるという鉄則です。必ず現地に赴いて、その場で自分の目で確認せよという意味です。

  • 第3回 財務データの分析なんて
    ほとんど役に立たない 

    [2011年01月28日]
    前回、上場企業は会社の情報が多いことを紹介しましたが、ではそれをどう扱えばいいのでしょう。多くの大学で就職指導の一環として財務データの読み方を教えていますが、就職活動で財務分析はほとんど役に立ちません。

  • 第2回 上場企業ならば実に簡単に
    会社の全貌を知ることができる 

    [2011年01月22日]
    あなたが名前を知っている企業は、ほとんどが上場企業だと思って良いでしょう。上場企業は年に一度、決算の内容を「有価証券報告書」にまとめて公開することが義務づけられています。これを使わない手はありません。

  • 第1回 ネットで情報を得ようとする君が
    被っている二つの大損 

    [2011年01月14日]
    就活でネットに依存してしまうのは、二つの意味で大損しています。ひとつは、別の調べ方なら手に入ったはずの資料が手に入らなかったという大損。もうひとつは、同じようにネットで調べて見つけることができなかった君の競争相手に差を付けられなかったという大損です。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事