ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「プロ経営者」養成塾

日本人のグローバルにおける市場価値は非常に低い。人材の流動化促進により、プロ経営者を育てていくことがグローバル環境の中で日本の企業が発展するためにも必須ではないだろうか。企業側の視点で言えば、今の若者たちを「プロ経営者的発想」を持った人材として企業社内で育てることで、プロ経営者を招聘しなくても、社内から「プロ経営者」を出すことが可能になり、グローバル競争に勝ち抜く経営層を作ることができる。では、プロ経営者とはどのような経営者なのか。この連載では「プロ経営者という人材」について詳しく見て行く。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「「プロ経営者」養成塾」の全記事一覧
  • 第4回 プロ経営者を外から招かず社内で育てる方法 

    [2016年11月18日]
    今回は、プロ経営者を外部から招くのではなく、社内でどのようにして育成したらよいのか、について考えてみたい。どうすれば、社内でプロ経営者を育成できるのか。わかりやすく言えば、若いうちから外で修業をさせる、ということになる。「修羅場、土壇場、正念場の経験」ということだ。

  • 第3回 プロ経営者はどうやって作られるか?
     

    [2016年10月06日]
    よく知られた大物経営者だけでなく、あまり知られていない次の世代のプロ経営者が実は日本企業で数多く活躍していることご存じだろうか。彼らがどのようにしてプロ経営者になったのかを知ることは、需要が逼迫しているプロ経営者を増やすこと、そして企業にとってはどのようにして社内で「プロ経営者」を育成するか、のヒントになる。

  • 第2回 生え抜き経営者とプロ経営者、どちらがいいのか?
     

    [2016年08月23日]
    生え抜き経営者と外からやってくるプロ経営者を比較した場合、プロ経営者は過去のしがらみと無関係な分大胆な変革が可能だ。その業界自体の経験がないことも普通で、業界の縛りや慣習からも自由だ。客観的な視点で会社や業界を見ることができ、社内の人間には気づかない、その会社が長い間に作ってきた思い込みなどへの違和感を敏感に感じ取れる。従って前提条件なしに正しいと思うことを合理的に実行することが可能だ。

  • 第1回 それでも「プロ経営者」が必要な理由 

    [2016年06月27日]
    LIXILの藤森氏、ベネッセホールディングスの原田氏。2人の大物プロ経営者の退任によって「やはりプロ経営者はダメなんだろう」という印象を持った人も多いのではないか。だが、私はプロ経営者は日本企業がグローバル競争を勝ち抜くために必要な改革者であり、企業ではこうした「プロ経営者的人材」を育成していく必要があると考える。

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事