ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
若い人ほど知ってほしい、日本のお金が働かないワケ

 「貯金が趣味」もいいけれど、若い人は知っているのだろうか?

 1400兆円の個人金融資産の7割以上は、60歳以上の世代が持っているものと類推される。彼らの預貯金は国債の購入という形で国の借金に変わり、公共事業につぎ込まれる。その使われ方は周知のとおりだ。また、日本の将来に向けた新しい産業の創出に使われるわけではない。

 一方で、これから日本に生まれてくる子供は、生まれた瞬間に900兆円の借金を背負うことになる。それは、あまりに不公平ではないだろうか?日本のお金の流れはおかしい。そしてそのツケは、若い人が負わされている。

 マネックス松本大さんに話を聞きながら、日本のお金のいびつな構造をあきらかにし、将来に向けて警鐘を鳴らす。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「若い人ほど知ってほしい、日本のお金が働かないワケ」の全記事一覧
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、9/18~9/24)


注目のトピックスPR