特別企画 安全重視で臨む「積極運用商品」活用術
株価は低迷、預金利息はすずめの涙。資産運用をするうえで現在ほど不遇な状況はない。
FX(外国為替証拠金取引)や商品先物取引など、
「積極運用商品」への関心が高まっているのにはそうした背景がある。
レバレッジを効かせると小額の資金でより大きなリターンが狙えるため投機的に思われがちだが、
上手にリスクコントロールすれば資産形成に弾みをつける有効な手段となるはずだ。
スペーサー
レバレッジを抑え、ロスカットすれば損失を回避しつつ有利な運用が可能 円高でも円安でも利益が相場を問わないFXの魅力

国内預金金利の低さに嫌気して、高金利の外貨預金を選択する人も多い。
しかし、サブプライムローン問題の深刻化とともに急激な円高が進行。
円換算した外貨建て預金の残高はどんどん目減りする結果に。
その点FXなら、円高、円安にかかわらず
利益を確保できる可能性がある。
預金を上回る〝金利収入〟が期待できるのも大きな魅力である。

スペーサー

 外貨預金をする際には、円を売って外貨を買い、それを銀行に預けることになる。預けた時点よりも外貨が上がれば(円安になれば)、円換算した預金残高は増えるが、円高になれば目減りする。同様に、外国籍の投資信託や外貨建てMMFなど、外貨建て金融商品のすべてが円高局面では不利となる。

預金をはるかに上回る金利収入も期待できる

主な金融商品のリスクリターン度を比較

 しかしFXなら、円高でも利益を確保することが可能。FXは現物の通貨ではなく、「通貨を売買する権利」を売買する取引だからだ。
 そのため、仮にドルの現物を保有していなくても、FXなら「ドルを売って円を買う」という取引ができる。買った時点よりも円高が進行すればドル換算の利益が増え、円を売ってドルを買い戻せば利益が確保できる仕組みだ。
 逆に、「円安が進みそうだ」と思ったときは、円を売ってドルを買い、実際に円安になってから持っているドルを売ればよい。このように、円安でも円高でも利益を得られるのがFXの大きな特徴だ。
 低金利通貨で高金利通貨を買うと、金利差の一部が受け取れる「スワップポイント」という制度もある。現在日本の金利は世界主要国の中で最低水準にあるため、外貨(1万通貨単位)を円で買うと1日当たり数百円のスワップポイントが得られ、年間では数万円にもなることもある。円建て預金とは比較にならない金利収入が期待できるのである。
 ドルやユーロはもちろん、より大きなスワップポイントが期待できるニュージーランドドルや南アフリカランドといった高金利通貨の人気も高い。
 手数料が安いこともFXの大きな魅力。一般に米ドル預金では、円をドルに換えると1ドル当たり1円の手数料がかかるが、FXならわずか0~10銭前後(取引通貨によって異なる)。投資コストを抑える意味でも有効な投資手段だ。

「FXの常識」は間違っている? 低レバレッジ、長期投資こそが王道/エース交易

プロの投資戦略をシステム化! 完全自動取引でリターンを追求/シーエムシー
次のページへ >>
このページの上部へ ▲
スペーサー
Copyright © 2007 DIAMOND, Inc. All Rights Reserved.
スペーサー