仮想通貨BONKとは?特徴や将来性、価格動向を徹底解説!

2022年は、ソラナ(SOL)ブロックチェーンにとって、大きな困難に直面した年である。トランザクションの増加やバグなどが原因で、複数回のネットワーク停止や遅延に見舞われたことにより、ユーザーや投資家が信頼性や安定性に対して大きな懸念を抱いた。

また、同年、破綻した仮想通貨(暗号資産)取引所FTXのCEO・サム・バンクマン=フリード(Sam Bankman-Fried)が法的な告発に直面した。

仮想通貨市場を大きく揺るがしたこの出来事は、同氏がソラナの強力な支持者であったことから、ソラナの信頼性や合法性に対する疑惑を高めた。

このようなソラナブロックチェーンに対する逆風の中、仮想通貨BONKは、ソラナコミュニティに総供給量の半分をエアドロップしたことで注目を集めたソラナブロックチェーン上のミームコインである。

この記事では、BONKの特徴、最新の価格動向、将来性などについて詳しく解説する。

この記事の要点
  • BONKの使命は、「Web3における第1のコミュニティコインになること」である
  • BONKはソラナベースのミームコインである
  • BONKはソラナコミュニティに広く受け入れられている
  • 仮想通貨取引を始めるなら、国内大手取引所のコインチェックが利用できる

「仮想通貨をこれから本格的に取引してみたい」という方もおられるだろう。大手仮想通貨取引所のCoincheckは、金融庁に登録済みの暗号資産交換業者で、安全なセキュリティ対策やカスタマーサポートにも力を入れている。

Coincheck公式サイト
出典 Coincheck公式サイト

「どこで始めればいいかわからない。」という方はCoincheck公式サイトをチェックしてみてほしい。

目次

仮想通貨BONKとは?

出典 BONK公式サイト
名称 BONK
ティッカーシンボル・通貨単位 BONK
ブロックチェーン ソラナ(SOL)
コンセンサスアルゴリズム Proof-of-History(PoH)
Proof-of-Stake(PoS)
発行上限* 100兆BONB
価格* ¥0.003917
時価総額* ¥269,222,003,707
時価総額ランキング* 48位
取扱のある主な仮想通貨取引所 Coinbase
OKX
Gate.io
公式サイト 仮想通貨BONK公式サイト
*2024年7月9日時点、CoinMarketCap調べ

仮想通貨BONKは、2022年のクリスマスソラナ(SOL)コミュニティに向けて無料でエアドロップしたことで注目を集めた、ソラナベースのミームコインである。

インターネットミームとは、ネット上で共有される特定の画像やアイデアの形態のことで、ミームコインはインターネットミームに関連する仮想通貨の一種である。

一部のミームコインは、ユーザーが楽しいコンテンツやユーモアに対する愛着から生まれ、そのコミュニティがトークンの採用と普及を促進する。代表的なミームコインには、柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)やドージコイン(DOGE)、PEPEコイン(PEPE)などがある。

Bonkの使命は、「Web3における第1のコミュニティコインになること」とした上で、ソラナブロックチェーンの発展に貢献することを目指している。

BONKのコンセンサスアルゴリズムは、ソラナ同様、プルーフオブヒストリー(PoH)とプルーフオブステーク(PoS)のハイブリット型コンセンサスアルゴリズムである。

BONKの価格は、2024年7月9日現在、¥0.003917であり、時価総額は約2,687億円である。時価総額ランキングでは、458位に位置している。

仮想通貨BONKの特徴

仮想通貨BONKは、2022年のクリスマスにソラナ(SOL)コミュニティに向けて無料でエアドロップされたことで注目を集めたソラナベースのミームコインである。

ここからは、そんなBONKの特徴について詳しく見ていこう。BONKには、主に次のような特徴がある。

仮想通貨BONKの特徴
  • マルチチェーンである
  • DeFi(分散型ファイナンス)をシンプル化
  • 魅力的なゲームを提供

マルチチェーンである

マルチチェーンとは、BONKが単一のブロックチェーンに限定されることなく、複数のブロックチェーンで使用できるようにするための仕組みである。

BONKはブリッジやラップを利用することによりマルチチェーンを実現し、BONKを他のチェーンに移動させることを可能にしている。

ブリッジとは、異なるブロックチェーン間でコインをやりとりするための通路のようなもので、ブリッジを使うことにより、BONKをソラナから他のブロックチェーンに送ることができる。 

仮想通貨におけるラップとは、BONKを他のブロックチェーンで使えるように変換するための仕組みで、BONKを他のブロックチェーンのコインに変えたり、元に戻したりすることができる。

これらの仕組みを通じて、ユーザーはBONKを自分の好きなブロックチェーンで利用することができるようになる。

DeFi(分散型ファイナンス)をシンプル化

DeFiとは、中央集権的な金融システムに代わる金融サービスのことである。ブロックチェーンやスマートコントラクトを使用することで、中央集権的な仲介者や規制を排除した金融サービスを提供する。

BONKはDeFiをできるだけシンプルにすることで、BONKの保有を促進することを目指している。具体的には、ユーザーがBONKを簡単に使用することができるように、ユーザーフレンドリーなインターフェースを提供したり、マルチチェーンによるBONKの自由な移動を可能にすることなどを通じて、DeFiのシンプル化を図っている。

また、ソラナ上に構築されたDeFiプロジェクトとの統合やパートナーシップを通じて、BONKの価値向上を図っている。

魅力的なゲームを提供

BONKはソラナ上で魅力的なゲームを提供することによって、ユーザーにとってBONKの保有を魅力的なものにすることを目指している。そのために、BONKはブロックチェーンやNFTを使って、ユーザーにユニークで楽しいゲーム体験を提供している。

BONKは、ソラナ上に構築されたゲームプロジェクトとの統合やパートナーシップを通じて、BONKの流動性や価値を高めている。また、BONKのステーキングやファーミングなどのDeFi機能と組み合わせて、ゲーム内でBONKを獲得、消費できるようにしている。

ステーキングとは、ブロックチェーンのネットワークの安全性や健全性を保つために自分が保有するコインを預けることで報酬を得ることができる仕組みである。

ファーミングとは、流動性プールと呼ばれる場所に自分のコインを預けることで、ネットワークの流動性や需要に貢献し、報酬を得る仕組みである。

BONKは、これら3つの柱となる特徴(マルチチェーン、DeFiのシンプル化、魅力的なゲームの提供)を生かし、Web3における第1のコミュニティコインになることを目指している。

仮想通貨BONKの価格動向

ここでは、仮想通貨BONK長期の価格動向を見ていこう。次に示すのは、BONKが発行された2023年1月~2024年7月までのBONK/USDチャートだ。

仮想通貨BONKの価格動向
出典 TradingView

BONKが取り扱い開始された2023年1月には一時的な上昇を見せた後、安値圏での停滞が続いていたことが分かる。2023年10月までは約0.0000001ドル台を平均価格としていた。

2023年10月後半に入ってからは突如、上昇傾向になったことが分かる。2023年10月の上昇は、2024年1月に承認されたビットコインの現物ETF承認期待が高まっていたことが要因だ。

2023年12月に入ると再度高騰している事が分かる。2023年12月には、BONKの基盤となるソラナの提供するスマホ(Saga)購入者に3000万BONKのエアドロップが発表され、一気に話題となり買いが集中した。

また、同タイミングで続々と主要海外仮想通貨取引所での上場が決まっており、2024年3月まで高値更新を続けていた。2024年7月時点では若干の反発を見せているが、まだ上昇トレンドの過程にあると言えるだろう。

仮想通貨BONKの直近の価格動向

ここからは仮想通貨BONKの直近価格動向を見ていこう。以下に示すのは、2024年1月から2024年6月21日までのBONK/USDチャートだ。

仮想通貨BONKの直近の価格動向
出典 TradingView

仮想通貨BONKの価格は、2024年3月に高値を付けて以降下落を続け、2024年7月9日現在、約0.00002438ドル前後で推移している。2024年1月上旬に0.0000097ドル付近まで下落した後は、上昇傾向が強まり、2024年1月10日頃からは上値を試す展開となっていた。

2024年6月までには、ビットコイン含む仮想通貨市場全体での高騰が落ち着き、BONKも下落基調となっている。

BONKの価格は、ソラナブロックチェーンの人気や開発状況、ミームコインの需要や流行、市場全体の動向などに大きく影響されやすい。

2023年からメジャーコインであるビットコインがリードする形で、仮想通貨全体の価格を引き上げている。このことは、仮想通貨市場にとってはプラス要因となるが、BONKはミームコインであるため、投資する際は他の通貨以上に価格変動が激しいことに注意が必要だ。

BONKは国内仮想通貨取引所での取扱いがないため、まず国内の取引所で元手となる仮想通貨を購入し、海外の取引所で購入するという流れが一般的だ。

元手となる仮想通貨の購入は、セキュリティやサポートに定評があるCoincheckが利用できる。

出典 Coincheck公式サイト

まだ口座をお持ちでないという方は、この機会にCoincheck公式サイトをチェックしてみてほしい。

仮想通貨BONKの購入方法

続いては、先ほど取り上げたコインチェックを例にして、仮想通貨BONKの購入方法を確認していこう。

BONKの購入方法
  1. 国内仮想通貨取引所の口座を用意する
  2. 送金用通貨の購入資金を国内取引所へ入金する
  3. BONK購入用の通貨を購入する
  4. BONKを扱っている海外取引所へ送金する
  5. 海外取引所でBONKを購入する

国内仮想通貨取引所の口座を用意する

まずはコインチェックの公式サイトにアクセスして、口座開設を申し込もう。

coincheckの公式サイト
出典: コインチェック

コインチェックの口座開設手順は以下の3ステップで、すべての手続きがオンライン上で完結する。

また、本人確認を「スマホでスピード本人確認」でおこなった場合は、最短1時間で取引を始めることができる。

コインチェックでの口座開設手順
  1. メールアドレスの登録
  2. 基本情報の入力
  3. 本人確認

なお口座開設の詳しい流れは、以下の記事において画像を交えながら解説しているので、コインチェックの利用を考えている方は、ぜひそちらも参考にしてみてほしい。

送金用通貨の購入資金を国内取引所へ入金する

口座開設が完了したら、次はその口座に海外取引所への送金用通貨を購入するための資金を入金しよう。

コインチェックの場合、入金方法は銀行窓口やATMなどから振り込む「銀行振込」・「コンビニ入金」と、「クイック入金」の3種類がある。

自分が利用しやすい入金方法を利用して、購入資金を口座へ入金してみよう。

BONK購入用の通貨を購入する

コインチェックへ資金の入金ができたら、海外取引所への送金用通貨を購入しよう。海外取引所では、USDT(テザー建て)でBONKを扱っている取引所が多い。

コインチェックを含む国内取引所ではUSDTを扱っていないので、ここではメジャー通貨のビットコインを入手しておくと良いだろう。

コインチェックのマイページから、ビットコインを選択して数量を入力することで入手可能だ。

BONKを扱っている海外取引所へ送金する

続いて、BONKを扱っている海外取引所へ、先ほど購入したビットコインなどの通貨を送金する。2024年2月時点では、以下のような海外取引所でBONKを扱っている。

BONKを扱っている主な海外取引所
  • Coinbase
  • OKX
  • Gate.io

海外取引所のアカウントを作成後、コインチェックの「暗号通貨の送金」という項目から、ウォレットアドレスを入力して送金しよう。

なお、アドレスは少しでも入力ミスをすると送金した通貨が消滅するため、必ず間違いのないように入力する必要がある。

海外取引所でBONKを購入する

海外取引所での送金が完了したら、BONKを購入しよう。送金したBTCは、送金先の海外取引所でUSDTに交換してから購入するとスムーズだ。

BONK/USDTのペアを選択し、必要数量を入力後にBUY(買い)を選択することで入手できる。

※海外取引所は日本の金融庁から認可を受けていないため取引にはリスクを伴います。取引する際は自己責任で行うようにしましょう。

仮想通貨BONKの将来性

仮想通貨BONKは、ソラナ(SOL)コミュニティに総供給量の半分をエアドロップしたことで注目を集めた犬コインである。ここからは、そんなBONKの将来性を考察してみよう。

仮想通貨BONKの将来性
  • ソラナコミュニティに広く受け入れられている
  • ソラナのNFT市場に貢献

ソラナコミュニティに広く受け入れられている

仮想通貨BONKは、2022年のクリスマスにソラナコミュニティに向けて無料でエアドロップされたことで注目を集めたソラナベースのミームコインである。

ソラナコミュニティに向けて総供給量の半分がエアドロップされたことで、ソラナコミュニティに広く受け入れられている。このことは、BONKの流動性を高めることにつながり、結果としてプロジェクトの成長に大いに寄与する。

また、BONKはソラナのNFTコレクションやNFTクリエイターから支持されており、ミームコインとしての人気を高めている。BONKがソラナブロックチェーン上で初めて作られた犬コインであることも、BONKの価値向上に対してプラス要因として働く。

ソラナのNFT市場に貢献

BONKはソラナ上に作られた多くのNFTコレクションとパートナーシップを結んでおり、BONKを使ってNFTを取引することができる。唯一無二の所有権を表すNFTがソラナ上で流通することは、BONKの流動性をさらに高める要因となる。

また、ソラナブロックチェーン上で初めて作られた犬コインであるBONKは、NFT愛好家やクリエイターにとって魅力的な存在となっており、ソラナのNFT市場の発展に貢献している。

さらに、BONKはソラナ上に構築されたさまざまなNFTコレクションや分散型アプリケーション(dApps)との連携を進めており、将来的にはソラナのエコシステムの一部となる可能性を秘めている。

仮想通貨BONKの注意点/リスク

仮想通貨BONKはソラナブロックチェーン上で初めて開発された犬コインである。マルチチェーンを通じて自分の好きなブロックチェーンでBONKを利用することができる仕組みを提供している。

ここからは、そんなBONKの注意点やリスクについて詳しく解説する。

ミームコインである

BONKはミームコインとして誕生した経緯があり、実用性やイノベーションが乏しいという懸念がある。ミームコインは、仮想通貨自体の技術的な特徴や実用性よりも、ユーモアや感情に訴える傾向があることがその大きな要因である。

また、ミームコインは市場の値動きに敏感で、高いボラティリティやリスクを伴う傾向にあるため、長期的な価値や安定性が懸念される。

たとえば、代表的なミームコインの一つである柴犬コイン(SHIB/Shiba Inu)は、2022年に大きく上昇したが、その後90%以上の価値を失っていることから、BONKも同様の傾向を辿る可能性がある。

さらに、ソーシャルメディアやインフルエンサーの動向によって価格が操作が大きく影響する可能性もあるため、ミームコインに投資する際は注意が必要だ。

ソラナブロックチェーンの技術的な問題

BONKはソラナブロックチェーンに依存しているため、ソラナ自体に問題が発生した場合、その影響はBONKにも及ぶことになる。

ソラナは、イーサリアム(Ethereum)キラーとしてその存在価値を高めているが、まだ新しい技術であり、不具合や攻撃に対する耐性が不十分な可能性がある。

実際に、ソラナは2021年9月、10時間を超えるネットワーク停止が発生しており、ユーザーや投資家からはネットワークの安定性に疑念を持たれている。

BONKに投資する際は、これらのポイントを考慮した上で購入を検討してほしい。

仮想通貨BONKに関するよくある質問

仮想通貨BONKとは何ですか?

仮想通貨BONKは、2022年のクリスマスにソラナコミュニティに向けて無料でエアドロップされたことで注目を集めたソラナベースのミームコインである。

ソラナブロックチェーン上で初めて開発された犬コインであることから、ユーザーや投資家からの注目度は高い。

仮想通貨BONKはどこで買えますか?

現状、国内の仮想通貨取引所において、BONKを取引できる取引所はない。海外の取引所であれば、Coinbase、OKX、Gate.ioなどで購入することが可能だ。

仮想通貨BONKのまとめ

仮想通貨BONKは、2022年のクリスマスにソラナ(SOL)コミュニティに向けて無料でエアドロップされたことで注目を集めた、ソラナベースのミームコインである。

BONKは、これら3つの柱(マルチチェーン、DeFiのシンプル化、魅力的なゲームの提供)を通じて、Web3における第1のコミュニティコインになることを目指している。

Bonkの使命は、「Web3における第1のコミュニティコインになること」とした上で、ソラナブロックチェーンの発展に貢献することを目指している。

BONKに投資する際は、ミームコインの特徴や基盤となるソラナブロックチェーンについて十分考慮した上で投資を検討してほしい。

この記事のまとめ
  • BONKはソラナ上の多くのNFTコレクションとパートナーシップを結んでいる
  • BONKはソラナブロックチェーン上で初めて作られた犬コインである
  • BONKはソラナブロックチェーンに依存している
  • 仮想通貨を購入するなら、コインチェックを利用できる

ミームコインの多くは海外取引所で扱われていることが多い。国内仮想通貨取引所のCoincheckならビットコインやイーサリアムといったメジャー通貨をはじめ、さまざまな仮想通貨の取扱いがある。

出典 Coincheck公式サイト

まだ取引所の口座を持っていないという方は、この機会にCoincheck公式サイトをチェックしてみてほしい。

  • URLをコピーしました!
目次