仮想通貨フレア(FLR)とは?エアドロップの概要や今後の見通し・購入方法を徹底解説

今回取り上げる「フレア(FLR)」は、2020年から開発が進められていたブロックチェーン「Flare Network」の基軸通貨だ。

また、2023年1月にフレアのエアドロップ(プロモーションのための無料配布)が実施されたことが、話題を呼んでいる。

この記事では、そんなFlare Networkとフレアについて、主な特徴や今後の見通しなどを解説していく。

この記事の要点
  • フレアは、異なるブロックチェーン同士をつなぐことができる「Flare Network」の基軸通貨
  • Flare Networkは、EVM(イーサリアム仮想マシン)を備えている
  • フレアのエアドロップが、2023年1月に実施された
  • グーグルクラウドがフレアネットワークに参加した事で価格上昇中
  • 仮想通貨を取引するなら、国内有名取引所のCoincheckがおすすめ

フレアはエアドロップが実施されたあと、いくつかの国内の仮想通貨取引所(暗号資産)に上場を果たした。

国内取引所で有名なCoincheckでもエアドロップが実施されており、現時点では上場されていないが今後の取り扱いが期待されている。

コインチェックTOP
コインチェックの公式サイト

ぜひこの機会にCoincheck公式サイトもチェックして、サービスの詳細を確かめてみよう。

目次

仮想通貨フレア(FLR,Flare)とは?

名称 Flare(フレア)、Flareトークン (旧Sparkトークン)
ティッカーシンボル・通貨単位 FLR
基盤のブロックチェーン Flare Network
コンセンサスアルゴリズム Federated Byzantine Agreement(FBA)
価格* ¥4.38
時価総額* ¥179,349,883,556
時価総額ランキング* 79位
取扱い仮想通貨取引所 bitFlyer
GMOコイン
2024年6月5日時点。CoinMarketCapの情報。

フレア(Flare、FLR)は、異なるブロックチェーン同士に相互運用性をもたらすことができるブロックチェーン「Flare Network」の基軸通貨だ。

Flare Networkは2020年に開発が開始され、当初は基軸通貨の名称を「Sparkトークン」としていたが、2022年9月にフレアへと変更された。

Flare Networkはβテストが行われ、2023年1月にはテストを終え、一部のリップル(XRP)保有者に対して、フレアのエアドロップ(プロモーションのための無料配布)が実施された。

エアドロップを実施した国内取引所のCoincheckでは、今後の上場が期待されている。

気になる方はぜひこの機会にCoincheck公式サイトをチェックしてみほしい。

仮想通貨フレア(FLR,Flare)の特徴

Flare Networkおよびその基軸通貨であるフレアには、主に次のような特徴がある。

Flare Network・フレアの主な特徴
  • 異なるブロックチェーン同士の相互運用を目指している
  • EVMが搭載されている
  • 独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している

異なるブロックチェーン同士の相互運用を目指している

ビットコインやリップルなど既存のブロックチェーンの中には、外部のブロックチェーンとの相互運用性を持たないものが多く存在する。

そのためこれまでは、例えばリップルをビットコインに換えようとすると、ブロックチェーン上で交換することはできず、仮想通貨取引所を利用しなければならなかった。

Flare Networkは、そうした既存のブロックチェーンの中継役となることで相互運用性をもたらし、仮想通貨や情報などのより自由な移動を可能にする。

EVMが搭載されている

EVM(イーサリアム仮想マシン)とは、イーサリアムのスマートコントラクトを実行させるためのプログラムのことだ。

Flare NetworkはEVMが搭載されているため、イーサリアムで作成されたスマートコントラクトの利用することができ、ひいてはイーサリアム上のDApps(分散型アプリ)を、Flare Networkへと手軽に移植することも可能だ。

そして、前述のとおり、他のブロックチェーンとの相互運用性も有しているため、リップルなどのスマートコントラクト機能がないブロックチェーンから資産を持ち込み、それをFlare Network上のDAppsで利用することもできる。

独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している

Flare Networkは、コンセンサスアルゴリズムに「Federated Byzantine Agreement(FBA)」という独自開発したものを採用している。

既存のブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムは、取引の内容などを精査してブロックに保存する際、ネットワーク参加者の力を借り、その作業に対して報酬が発生する仕組みになっているケースが多い。

一方でFBAは、細かな原理は専門的で難解であることから説明を省くが、そうした金銭的なインセンティブを必要としない仕組みになっている。

そのため、Flare Networkでは、利用時に支払わなければならないネットワーク手数料(ガス代)が比較的安く抑えられている。

仮想通貨フレア(FLR,Flare)の価格動向

ここで、フレア(FLR,Flare)のこれまでの価格動向を確認しておこう。

市場初上場から現在までの価格動向

市場初上場から現在までの価格動向

仮想通貨フレア(FLR,Flare)は、2023年1月から大手取引所に続々と上場されている。

上場開始後は価格が急騰し、約0.5ドル台で推移していた。

その後は高値に挑戦することなく、下降トレンドを形成している。

上場から現在までの期間が短いこともあり価格が安定していなかったが、現在は0.027ドル付近で価格が落ち着いている。

直近の価格動向

続いて、本記事執筆時点(2024年6月5日)から遡って、2024年からの直近値動きも確認しておこう。

直近の価格動向

2024年からの短期チャートを見ると大きく上昇している事が分かる。2024年1月からはビットコイン現物ETFの話題により仮想通貨市場全体での上昇となったが、フレアも連動した形だ。

1月11日の本承認以来、仮想通貨市場は全体的に低迷したが、フレアは単独での上昇を見せていた。

2024年1月16日には、グーグルクラウドがフレアのネットワークに参加することが分かり、一気に買いの力が強まった。

なお、2024年2月に0.05ドルの高値を付けて以来は反発しており、現在は0.028ドルまで下落している。

現在の反発後に押し目を付けて再上昇すれば上目線での相場が継続すると見て良いだろう。今後の動向から目が離せない。

仮想通貨フレア(FLR,Flare)を購入できる取引所

仮想通貨フレアを取り扱っている国内仮想通貨取引所はいくつかある。

今回はその中から、以下の4社をピックアップして、それらの基本情報と特徴を紹介しておく。

フレアを取り扱っている国内取引所

Coincheck

Coincheck-top
出典:Coincheck
提供する取引の種類 現物取引(販売所・取引所)
取り扱う仮想通貨 29種類
BTC、XRP、ETH、BCH、XEM、
LSK、LTC、ETC、XLM、MONA、
QTUM、BAT、IOST、ENJ、
SAND、DOT、PLT、FNCT、CHZ、
LINK、DAI、IMX、APE、MATIC、MKR、
AXS、WBTC、AVAX、SHIB
仮想通貨の送金手数料 通貨ごとで異なる
その他のサービス Coincheckつみたて
Coincheck IEO
Coincheck NFT
Coincheckでんき
Coincheckガス
Coincheckアンケート
貸暗号資産サービス
ステーキングサービス(β版)
公式サイト Coincheck公式サイト
関連記事 Coincheckの評判・口コミ

Coincheckは、マネックス証券を中心とした金融グループ「マネックスグループ」傘下の仮想通貨取引所だ。

マネックス証券の中にも「マネックスビットコイン」という仮想通貨取引のサービスがあるが、マネックスビットコインはレバレッジ取引、Coincheckは現物取引に特化することで、サービスの差別化が図られている。

Coincheckの取り扱い通貨は29種類で、そのすべてをワンコイン(500円)から購入することができる。

また、取引ツールがシンプルで、初心者でも操作しやすいことから、PC版・アプリ版ともにユーザーからの評価が高い。

特にアプリ版は好評で、2019年から2021年にかけてダウンロード数No.1*を獲得した。*国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

現在FLRの現物取引には対応していないが、今後流動性や価格安定を判断したうえで上場するか検討している最中だ。

GMOコイン

gmoコイン1
出典:GMOコイン
提供する取引の種類 現物取引(販売所・取引所)
レバレッジ取引(販売所・取引所)
取り扱う仮想通貨 26種類
BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、
XEM、XLM、BAT、OMG、XTZ、
QTUM、ENJ、DOT、ATOM、XYM、
MONA、ADA、MKR、DAI、LINK、
FCR、DOGE、SOL、FLR
仮想通貨の送金手数料 無料
その他のサービス つみたて暗号資産
貸暗号資産
ステーキング
IEO
API
公式サイト GMOコイン公式サイト
関連記事 GMOコインの評判・口コミ

GMOコインはユーザーからの評判がよく、オリコン顧客満足度調査では2年連続で顧客満足度No.1*を獲得している。*2021年・2022年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

評価される要因としては、サービスの充実度が高いことが挙げられるだろう。

取り扱う仮想通貨は国内最多クラスの26種類で、取引のスタイルは、現物取引とレバレッジ取引から選ぶことができる。

また、現物取引とレバレッジ取引の取引形式はいずれも、GMOコインとユーザーの間で取引する「販売所」と、ユーザー同士で取引できる「取引所」の2種類が用意されている。

さらに、自動積み立てやレンディングなどの関連サービスも豊富に揃っているため、自身の方針に合った仮想通貨の運用が可能だ。

bitbank

bitbank1
出典:bitbank
提供する取引の種類 現物取引(販売所・取引所)
取り扱う仮想通貨 39種類
BTC、XRP、LTC、ETH、MONA、
BCH、XLM、QTUM、BAT、OMG、
XYM、LINK、MKR、BOBA、ENJ、
MATIC、DOT、DOGE、ASTR、ADA、
AVAX、AXS、FLR、SAND、APE、
GALA、CHZ、OAS、MANA、GRT、
RNDR、BNB、ARB、OP、IMX、DAI、
KLAY、MASK、IMX
仮想通貨の送金手数料 通貨ごとで異なる
その他のサービス 貸して増やす(レンディングサービス)
公式サイト bitbank公式サイト
関連記事 bitbankの評判・口コミ

bitbankは、国内で指折りの人気がある仮想通貨取引所で、取引量では国内No.1*に輝いている。*2021年2月14日 CoinMarketCap調べ

取引の流動性が高いため、ビットコインやイーサリアムなど39種類もの豊富な仮想通貨を、快適に取引することが可能だ。

また、bitbankの取引ツールには、PC版・アプリ版ともに、世界中の投資家が愛用する高性能チャート「TradingView」が実装されている。

豊富な描画ツールや分析指標が揃った「TradingView」を使って、本格的な値動きの分析をおこなうことができる。

bitFlyer

bitflyer
出典:bitFlyer
提供する取引の種類 現物取引(販売所・取引所)
レバレッジ取引(取引所)
取り扱う仮想通貨 33種類
BTC、ETH、XRP、DOGE、AVAX、
GRT、RNDR、DAI、CHZ、APE、
IMX、AXS、MANA、SAND、SHIB、
PLT、FLR、ZPG、MATIC、MKR、
XYM、LINK、DOT、XTZ、XLM、
XEM、BAT、ETC、LTC、BCH、
MONA、LSK、ELF
仮想通貨の送金手数料 通貨ごとで異なる
その他のサービス ステーキングリワードサービス(一時停止中)
かんたん積立
ビットコインをもらう
bitFlyerクレカ
ビットコイン寄付
友達招待プログラム
Tポイント交換サービス
bitWire(β)
公式サイト bitFlyer公式サイト
関連記事 bitFlyerの評判・口コミ

bitFlyerは、ビットコインの取引高で6年連続日本一*を獲得している、人気の仮想通貨取引所だ。*Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

本記事執筆時点では、33種類の仮想通貨を取り扱っており、そのすべてに1円から投資することができる。

仮想通貨取引以外のサービスも豊富だ。その中には、決済額に応じてビットコインがキャッシュバックされる「bitFlyerクレカ」や、bitFlyer経由でネットショッピングなどを楽しむことでビットコインの還元を受けられる「ビットコインをもらう」など、他社では見られないユニークなサービスもある。

また、業界最長となる7年以上ハッキングの被害がないなど、セキュリティも強固であり、多くの投資家に支持される一因となっている。

仮想通貨フレア(FLR,Flare)の購入方法

ここでは、Coincheckでの仮想通貨の購入方法を紹介しておく。

現時点でCoincheckではフレアを扱っていないが、今後の取り扱いが期待されているので、「フレアを購入してみたい!」という方はぜひとも参考にしてほしい。

Coincheckでの口座開設手順は以下のとおりで、本人確認手続きは、スマホで自身の顔と本人確認書類を撮影アップロード形式で行える。

口座開設手順
  1. メールアドレスを登録する
  2. 各種重要事項を確認する
  3. 電話番号認証をおこなう
  4. 個人情報を入力する
  5. 本人確認書類を提出する

購入資金を入金する

口座開設が完了したら、次はその口座に購入資金を入金しよう。

Coincheckの場合、入金方法は銀行窓口やATMなどから振り込む振込入金と、インターネットバンキングを用いたクイック入金のコンビニ入金の3種類から選択可能だ。

値動きを確認する

口座への入金が完了すると、いつでも取引を始めることができる。

価格変動による損失リスクを伴うため、準備が整っても闇雲に手を出すのではなく、まずは落ち着いて値動きを分析して、自身にとってより有利な取引のタイミングを探ることをすすめる。

Coincheckの取引ツールなら、豊富な描画ツールやテクニカル分析指標を使って、細かな値動きの分析が可能だ。

数量を決めて購入する

値動きを確認して、取引のチャンスを見定めたら、いよいよ購入してみよう。

成行注文を利用する場合は、基本的には購入する数量を指定して、注文を出すだけでよい。

また成行注文以外に、指値注文や逆指値注文などの注文方法も揃っているので、それらを駆使してより有利な価格での購入を狙ってみるのもよいだろう。

以上、Coincheckを使ってFLRを購入する方法を紹介した。

Coincheckなら、オンラインで口座を開設することができ、高性能な取引ツールを使って、ビットコインの取引を楽しめる。

興味がある方は、ぜひこの機会にCoincheck公式サイトにアクセスしてサービスの詳細を確かめてみよう。

仮想通貨フレア(FLR,Flare)の今後の見通し・将来性

最後に、Flare Networkおよびフレアの将来性について、考察してみよう。

Flare Network・フレアの今後に関わる重要なポイント
  • グーグルクラウドとの提携
  • 段階的にエアドロップがおこなわれた
  • 立て続けに多くの仮想通貨取引所に上場する可能性が高い
  • 類似の性能を持つブロックチェーンとの競争に要注目

グーグルクラウドとの提携

直近ではフレアが急騰しているが、背景には2024年1月に発表されたグーグルクラウドとの提携が影響している。2024年1月15日には、ブロックチェーンFlareのプロジェクトが、グーグルクラウドがフレアのバリデータになることを発表された。

lare は、ネットワークを検証し、Flare Time Series Oracle に貢献するインフラストラクチャ プロバイダーとしてオンボード

@GoogleCloudに組み込まれています。 ネットワーク検証との二重の役割で分散型データ配信を強化することが、Flare をデータ用のブロックチェーンにする理由です。

引用元:Flare公式X(旧Twitter)※日本語翻訳

グーグルクラウドなどの組織は、バリデータとしてネットワークのセキュリティに、またオラクルとしてフレアのネットワークに貢献する方針を示している。

フレアの開発者は、グーグルクラウドやパートナーから、経済・技術的な支援を受けられるようになっており、提携により注目度が増す可能性もあるだろう。

段階的にエアドロップがおこなわれた

最初に述べたようにフレアは、2023年1月にエアドロップが実施されたが、その概要は以下のとおりだ。

フレアのエアドロップの概要

配布の条件(スナップショット):

2020年12月12日時点で、リップルを保有していたこと

配布される数量:

リップルの保有量に対して1:1の割合で配布

配布予定日:

2023年1月9日

配布に対応する仮想通貨取引所*:

bitFlyer、DMM Bitcoin、Coincheck、GMOコイン、bitbank、SBI VCトレード、Huobi Japan(現BitTrade)、サクラエクスチェンジビットコイン

フレアのエアドロップでは、配布数量の15%分のみが配布され、残りの85%分は30カ月に渡って段階的に配布される予定になっている。

過去のエアドロップを通じてフレアの知名度が上がれば、今後の値動きにも良い影響をもたらすかもしれない。

立て続けに多くの仮想通貨取引所に上場する可能性が高い

国内では、DMM Bitcoinなど8社がエアドロップに対応することになっており、それらはいずれもエアドロップ後にフレアの取り扱いを開始した。

例えば、DMM Bitcoinやbitbankはエアドロップの告知の中で、エアドロップ実施後にフレアの取り扱いを開始することも明言していた。

国内取引所では頻繁に通貨の上場が起きにく傾向にあるが、既に多くの取引所へ上場されていることを考えると、今後他の取引所でも上場され、日本での知名度が上昇する可能性もある。

類似の性能を持つブロックチェーンとの競争に要注目

Flare Networkは、米リップル社の投資部門「RippleX(旧Xpring)」の出資を受け、2020年に開発が開始されたプロジェクトであり、約3年を経てようやく実用化に漕ぎつけた。

開発当初こそ、ブロックチェーン同士の相互運用やEVM互換をもたらすプロジェクトは先鋭的であったかもしれないが、Flare Networkが開発されている間に、次々と類似のブロックチェーンがローンチされ、それらは今やスタンダードな仕様となりつつある。

すでに類似の性能を持つブロックチェーンが多く存在する中、これから本格稼働を始めるFlare Networkが市場シェアを奪えるのか、その動向に要注目だ。

そんな注目のフレアを入手するには、国内取引所のアカウントが必要だ。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にCoincheck公式サイトをチェックしてみてほしい。

仮想通貨フレア(FLR、Flare)に関してよくある質問

仮想通貨フレア(FLR、Flare)の発行枚数は何枚ですか?

フレアの初期発行枚数は1,000億枚だ。

その内約半分の450億FLRトークンがリップルの保有者に割り当てられている。

仮想通貨フレア(FLR、Flare)の無償配布(エアドロップ)の受け取り方は?

フレアは2020年12月にスナップショットが行われ、その時点のリップル(XRP)の保有枚数に応じてエアドロップが実施された。

特に手続きや申請は必要ではなく、自動的にスナップショットの結果に応じてエアドロップが行われた。

仮想通貨フレア(FLR,Flare)の予想まとめ

今回は、Flare Networkとその基軸通貨であるフレアについて、主な特徴や今後の見通しなどを紹介した。

この記事のまとめ
  • フレアは、異なるブロックチェーン同士の相互運用を実現する「Flare Network」の基軸通貨
  • EVMがあるため、Flare Network上でイーサリアムのスマートコントラクトを実行できる
  • 2023年1月に、フレアのエアドロップが実施された
  • フレアはCoincheckなどの国内取引所でエアドロップされた

フレアは、異なるブロックチェーンをつなぐことを目指す「Flare Network」の基軸通貨だ。

約3年をかけて開発がおこなわれ、2023年1月にエアドロップもおこなわれたことから、多くの投資家に関心を寄せられている。

この記事を通して興味を持った方は、ぜひ今後のフレアの動向に注目してみてはいかがだろうか。

フレアを入手するには、国内取引所の口座が必要となる。

その中でも、少額から仮想通貨取引を始められるCoincheckなら、初心者でも無理のない金額で仮想通貨投資ができる。

まだ口座をお持ちでない方は、この機会にCoincheckも、併せてチェックしておくとよいだろう。

  • URLをコピーしました!
目次