ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプは本当に劣勢か?大統領選討論を見た米国民の本音

長野美穂
2016年10月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
トランプ VS ヒラリー初の激突。劇場内に設置された大画面

9月27日(日本時間)に行なわれた米国大統領選本選初回のテレビディベートで、共和党のトランプ候補の劣勢が報じられた。だが、実際はどうだろうか。トランプとヒラリーが繰り広げるディベートの中継をLA市内の劇場で見守る米国市民に話を聞くと、米国の「今」を映し出す意外な本音が見えてきた。(取材・文・撮影/ジャーナリスト 長野美穂、本文敬称略)

ヒラリー VS トランプ初の討論
LAの劇場で声を上げる市民たち

 「そうだ、いいぞ!消えた3万3000通のeメールの件をもっと突っ込め!」

 「TRUMP」の白いロゴが入った黒いTシャツを着た男性が、拳を振り上げて叫ぶ。それを横目で見ながら「ハー」とため息をついて肩をすくめるのは「H」ロゴのヒラリーTシャツを着た女性だ。

 大統領選本選初回のテレビディベートの夜、ロサンゼルス市内のクレスト劇場は、数百人の観客でむせかえるような熱気に満ちていた。

 気温が摂氏40度に迫ろうかという熱帯夜に、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンの初の直接対決を見るために、トランプ派、ヒラリー派のそれぞれの支持者たち、学生、一般市民など300人以上が集結したのだった。

 大袋入りのポップコーンとコークを片手に、巨大なスクリーンに映し出される大統領候補者のディベートを、見知らぬ人々と一緒に楽しむ――。これ以上ないくらい、コテコテの「アメリカン」なイベントである。

 「ドナルド、どうして、確定申告の記録を公開しないの?連邦税を払っていないのがバレてしまうから?それとも、多額の借金があることが露呈すると困るから?」

 クリントンがそう突っ込むと、会場のあちこちから「イエーイ!」と歓声が上がった。

 「何も違法なことはしていない。ビジネスオーナーとして、法律を利用して合法的に節税に努めているだけ。それが嫌なら法律を変えたら?何年も政治家やってたんだから、そのくらいできたでしょ」とトランプが言うと、「そうだ!」という声が飛ぶ。

劇場内でディベートを見守るLA市民たち

 そのうち、スクリーンに映し出された2人の映像と、音声が微妙に噛み合わなくなった。トランプの口が動いているのにクリントンの声が聞こえるという奇妙な状況に、場内はザワザワし始めた。ネット中継の音声と画面のタイミングが、なぜかズレてしまったのだった。

 「ちょっと、主催者、何とかしろよ!」とヤジと笑い声が飛ぶ。その瞬間、最前列の観客の頭上にあった巨大スピーカーが、ガクッと揺れて倒れそうになった。トランプ、クリントン両者の支持者たちが慌ててダッシュし、スピーカーの脚立を押さえると、その下にいた女性が無事に這い出し、何とか事なきを得た。

 「最近、デトロイトの黒人コミュニティなどを回って、彼らが政治家に騙されてどんな苦しい生活をしているか、直接見てきた。そういえば、あなたの姿を見かけなかったけど、その間、何してたの?」とトランプ。「私はこのディベートの準備と、大統領になるための準備をしていたけど?」とクリントン。このシーンで、やっとスクリーン画面の口の動きと音声がマッチした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

長野美穂(ながの・みほ)/東京の出版社で雑誌編集記者として働いた後、渡米。ミシガン州の地元米新聞社でインターン記者として働き、中絶問題の記事でミシガン・プレス・アソシエーションのフィーチャー記事賞を受賞した。その後独立し、ネイティブ・アメリカンの取材などに没頭。ボストン大学大学院を経て、イリノイ州のノースウェスタン大大学院でジャーナリズムを専攻。カリフォルニア州ロサンゼルスの米新聞社での記者を務め、フリーランスジャーナリストとして活動している


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧