ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会話もメールも英語は3語で伝わります
【第4回】 2016年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
中山裕木子

日本人はbe動詞を使いすぎ!
冗長な英語をやめるコツ

ビジネス英語の最難関、「特許翻訳」のプロフェッショナルが、英語習得の最短ルートを提案!

コツはたった1つ。主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。
SVO(誰かが、何かを、する)を極めることが、すべての基本。

新しい文法、単語、構文の暗記はいりません。

「伝わる英語は、やさしい英語」をモットーとし、最新刊『会話もメールも 英語は3語で伝わります』の著者である中山氏に、その詳細を語ってもらいます。

「で、結論は何?」と思われないために

日本人は、「~です」が好き

前回の連載でもお伝えしましたが、私たち日本人は、「be 動詞」を中学校や高校でしっかりと習いすぎるためか、英語の文を組み立てるとき、be 動詞を使う癖がついているようです。

中山裕木子
(なかやま・ゆきこ)

株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。2014年4月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある

 そして英語で表現するとき、自然にbe動詞が出てきてしまうのは、日本語では「~する」という動的な表現よりも、「~である」という静的な表現が使われやすいためかもしれません。

 次の自己紹介文を、英語で表現してみましょう。

 「私は京都大学の学生です。言語学専攻です」
ありがちな表現:
I am a student at Kyoto university. My major is linguistics.

 もう一例挙げます。

 「私は自動車メーカーのエンジニアです。エンジン部品の開発部にいます」
ありがちな表現:
I am an engineer at an auto manufacturer.
I am in the development department for engine parts.

 共に、英語として間違ってはいません。しかし、この英文はもっと簡単に、そしてわかりやすくできます。

ダイナミックに表現しよう

 「3語の英語」で同じ内容を組み立て直してみましょう。

I study linguistics (私は言語学を勉強しています)
at Kyoto university. (京都大学で)

 主語、動詞、目的語を並べる「3語の英語」を使うことにより、短く表すことができます。また、次の情報(京都大学で)を、落ち着いてつけ足すことができます。コミュニケーションがスムーズに進むでしょう。

I develop engine parts (エンジン部品を開発しています)
at an auto manufacturer. (自動車メーカーで)

 同様に、「3語の英語」でまず「何をしているか」を伝えて、聞く人に興味を持ってもらいます。その直後に、さらなる情報「自動車メーカーに勤めていること」をつけ加えます。
※「3語の英語」が生まれた経緯については、前回記事参照

 繰り返しますが、「~です」「~である」を表すbe 動詞は「静的」な表現です。be 動詞の使用を控え、「~する」というように「動的(ダイナミック)」に表しましょう。

 SVOを使ったダイナミックな表現により、英文が短くなり、組み立てやすくなります。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


中山裕木子 (なかやま・ゆきこ)

株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 専任講師。 1997年より企業で技術分野の日英翻訳に従事。2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出会う。特殊で難解な特許の英語であっても、平易に表現できないかと模索を始める。2001年に工業英検1 級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。
2004年、フリーランス特許翻訳者になる。同時に、公益社団法人日本工業英語協会の専任講師に就任し、企業や大学の理工系研究者に対し、技術英語・特許英語の指導を始める。2014年4 月、技術英語を専門とする翻訳と教育の会社、株式会社ユー・イングリッシュ設立。高品質の技術翻訳サービスと技術英語指導サービスの提供により、日本企業や大学における技術系英文の品質向上に尽力する。
「伝わる英語を身につける」をモットーに、京都大学、名古屋大学、同志社大学などにて、非常勤講師として、大学生の英語力を日々高めている。著書に『技術系英文ライティング教本』(日本工業英語協会)、『外国出願のための特許翻訳英文作成教本』(丸善出版)がある。


会話もメールも英語は3語で伝わります

ビジネス英語の最難関、「特許翻訳」のプロフェッショナルが、英語習得の最短ルートを提案! コツはたった1つ。主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。SVO(誰かが、何かを、する)を極めることが、すべての基本。「3語」の組み立てパターンも徹底解説! これであなたの英語が変わります!
 

「会話もメールも英語は3語で伝わります」

⇒バックナンバー一覧