ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

不倫、秘密、借金…「もう死にたい」追い詰められた夫の実録(下)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第42回】 2016年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

 聡さんは数年来、メンバーと一緒に神社仏閣を巡ってパワーをもらう「神社サークル」に属し、楽しく活動していました。そこで知り合ったのが彼女(夫子あり)。聡さんはサークル活動とは別に彼女と2人きりで会ったり、好意を持った内容のメールを送っていました。しかも妻やメンバーには内緒で、です。そして2ヵ月前、彼女の存在を妻に知られてしまい、妻から「二度と連絡を取らないで!」と釘を刺されたのです。しかし、聡さんは妻との約束を守ろうとせず、それ以降も悪びれずに彼女と会ったり、連絡をとっていました。

 聡さんいわく、彼女との関係は「きわめて仲のいい友人止まり」。実際のところ、彼女と肉体関係を持ったことはなく、「手をつなぐ」などのスキンシップを取ったこともなく、せいぜい一緒に並んで歩くのが関の山。確かにサークル内でも「あの2人は仲が良すぎる」と思われていた節はありますが、「あんなに仲がいいのに何もないなんておかしい」というのは邪推に過ぎないでしょう。やましいところはないのだから、あくまで「疑わしい」という域を出ないのに、彼女との関係をやめなければならないなんて…。

 しかし、肉体関係さえ結ばなければ何をしたっていい、どんなに親しく付き合っても問題ないという聡さんの驕りは完全に裏目に出たのです。1回目は心からの謝罪と、彼女との関係解消で済まされたので、聡さんは彼女と付き合う「前」に戻るだけ。まだ「死にたい!」と絶望するほど思い詰めることはなかったはず。

「女の人生をめちゃくちゃに」
妻は怒りを爆発

 しかし、同じ過ちを1度ならず2度も繰り返したせいで、火に油を注いでしまい、もはやタダでは済まされなくなったのです。こうして聡さんの2回目の「疑わしい行為」が発覚しました。

 妻は2人の秘密を彼女の家族(夫)とサークルのメンバーに暴露したいと求めてきました。自分が何を仕出かしたのか知ってもらいたいと妻が思うのは当然のことで「そうじゃないと納得できない!社会的制裁を受けるのは当然でしょ!」と息巻くのも無理はありません。

 最初のうち、妻は聡さんに対して自白…事の詳細を自分の口で話すよう促してきました。聡さんはサークル内で妻の存在を明かしておらず、そのことも妻の怒りの一因だったので当然といえば当然です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧