ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営請負人の時代

スモール&グローバルが、一番新しい企業のカタチ
――“amadana(アマダナ)”の
リアル・フリート会長 小寺圭氏【前編】

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]
【第2回・前編】 2011年1月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
受話器に天然皮革を採用したアマダナの電話。手に吸い付くような感触と、使えば使うほど馴染んでくる天然素材ならではの質感を味わえる
www.amadana.com

今、日本の家電が変わってきている。テクノロジーがフラット化し、オーバースペックを指向してきた日本のものづくり神話が崩壊しつつあるのだ。それと同時に “過剰サービス”を売りにしてきた日本全体の会社経営・働き方にも変化が求められている。

ソニーや日本トイザらスをはじめ様々なトップ企業で重役を歴任し、現在、「美しいカデン」をキャッチフレーズに掲げるデザイン家電ブランド“amadana(アマダナ)”を展開する株式会社リアル・フリート会長、小寺圭氏はその変化をどう見ているのだろうか。

日本の家電業界は異常!? ソニーから、
家電業界へのアンチテーゼとしてのアマダナへ

こでら・けい
1946年生まれ。ソニー株式会社において中近東、アジア、ヨーロッパに駐在しマーケティングに関する要職を歴任後、ソニーマーケティング株式会社社長、ソニー・チャイナ会長を経て、2006年より2008年まで日本トイザらス社長兼会長を歴任。2010年12月より現職

南 早速ですが、小寺会長はソニーという大企業で役員職を多数経験されてから、アマダナという規模の小さなベンチャー企業へ転職するというユニークなキャリアをお持ちです。どういったお考えで転職されたのでしょうか?

小寺 ソニーを辞めたきっかけでもあったのですが、家電はどんどん変わっていくと私は思っていたのです。そして、日本の電機業界がものすごく異常だということに気づきました。

 具体的に言うと、日本は世界トップシェアの家電メーカーであるサムスンのテレビが1台も売られていない市場なんですよ。日本の家電メーカーは「クオリティを3%上げるために、30%のコストをかける」なんて揶揄されますが、つまりはオーバースペック・オーバークオリティなのです。

 たとえば、カメラにいろいろな機能がついているけれど、本当にその機能が必要かということです。そして商品は高く売っているけれど、その分、コストも高い。でもデフレのため高いと売れないから安く売って、みんな赤字になっている状況が、今です。

 そして日本の家電メーカーはロジスティクスもサービスも製造も全部取り込んで巨大な組織でモノを売っている。しかし、会社というのは大きくすればするほど、リスクに対して弱くなってしまう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

南 壮一郎 [株式会社ビズリーチ代表取締役]

1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループの日本支社の立ち上げに参画。幼少期より興味があったスポーツビジネスに携わるべく、2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなる。チーム運営や各事業の立ち上げサポート後、GM補佐、ファン・エンターテイメント部長などを歴任し、初年度から黒字化成功に貢献。 2007年、株式会社ビズリーチを設立し、代表取締役に就任。日本初の個人課金型・転職サイト「ビズリーチ」を運営。2010年、プレミアム・アウトレットをイメージしたECサイト「LUXA(ルクサ)」を開始。2012年、ビズリーチのアジア版「RegionUP(リージョンアップ)」をオープン、2013年2月、IT・Webエンジニアのためのコラボレーションツール「codebreak;(コードブレイク)」をオープン。著書に『ともに戦える「仲間」のつくり方』『絶対ブレない「軸」のつくり方』(ともにダイヤモンド社)がある。

 


経営請負人の時代

「経営のプロ」として、社外から登用される社長や役員。彼らの経営哲学、プロフェッショナルなビジネスパーソンになるための秘訣、自身の市場価値を高めるキャリアの磨きかた、若きビジネスパーソンへのメッセージなどを語ってもらうインタビューシリーズです。聞き手は、平均年収1000万円以上レベルの人材と企業をマッチングする会員制転職サイト「ビズリーチ」代表の南壮一郎。

「経営請負人の時代」

⇒バックナンバー一覧