ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

21世紀の諸問題は近代合理主義では解決できず
全体を見て本質を把握せよ

上田惇生
【第228回】 2011年2月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
1890円(税込)

 「生まれ育った世界から別の世界へ移り住んできたかのような感さえする。17世紀の半ば以降350年にわたって、西洋はモダンと呼ばれる時代を生きてきた。19世紀にはその西洋のモダンが、全世界の哲学、政治、社会、科学、経済の規範となり秩序となった。だが今日、モダンはもはや現実ではない」(『テクノロジストの条件』)

 モダンとは、近代合理主義のことである。まさに、世のすべての事象は論理の力によって解明できるとしたところから、近代は始まった。その近代が、まず西洋を支配し、やがて世界を支配した。

 ところが、そのモダンが世界を覆い尽くしたと思われた20世紀の半ば、論理だけでは説明できない問題が急増し始めた。

 いまや、環境問題、途上国問題、人口問題、教育問題など、21世紀が直面する問題の多くが、論理だけでは理解不能であり、解決不能である。

 分解して解析するという作業に加え、知覚の力によって、全体を全体として把握しなければならなくなった。命あるものとして見なければならなくなった。

 ドラッカーがこの変化に気がついたのが、今から半世紀前の1950年代半ばのことだった。

 「われわれは一つの大きな転換期を生きている。昨日のものとなったモダンが、無力ながらも表現の手段、期待の基準、処理の道具として機能している。他方、新たなるポストモダンが、手段と道具を持ち合わせることなく、われわれの行動を事実上支配しつつある」(『テクノロジストの条件』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧