「断られたくない男性」が急増するなか、「断りたい女性」に対して男性はどう接していけばいいのかを中心に、『モテるメール術』の面白い読み方をレクチャーしました。後編は、女子会プロデューサーのKENJIさんがいう女子会の作法から思わずうなる男性のとるべき行動を紹介します。男性が読んでも女性が読んでも、「なるほど!」と勉強になることばかり。

対談の前編はこちらから。

自分の時間を奪わない人がモテる!?

白鳥マキ(しらとり・まき)
結婚コンサルタント、美容経営コンサルタント
幼少期より病弱で入退院を繰り返し、子どもの頃に読んだ本は3000冊超。薬の副作用で小学6年生のときに体重70キロに。モテないなりに恋愛に勤しむが、「マキは会っているときよりも日記のほうがかわいいね」のひと言で一念発起、23キロのダイエットに成功し、コンプレックスを克服する。
 松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)に入社し、主にクレーム対応を担当。お客様のフォローをするうちに、連絡するタイミングや相手を落とす文章術を磨く。その後、大手化粧品メーカーに転職、全国トップ10セールスに入り、全国ミリオンセールス大賞を受賞する。エステ業界で26年のキャリアを積み、全国13店舗の経営、コンサルティングに携わる。サロン業務では、お客様心理を教え、トップカウンセラーを育てる。
 サロンでの恋愛相談が増えていき、東京・大阪・名古屋にて、Change Me 結婚相談所を開設。1年以内に90%が成婚につながるオリジナルのメール術で一躍人気に。婚活、恋愛のカウンセリングの数は1万2000人を超え、カウンセリング予約は半年待ち。歯に衣着せぬズバッとした語りが好評を博し、全国で婚活セミナーを開催、受講者数は3000人を超える。結婚評論家として、日本テレビ「今夜くらべてみました」や関西テレビ「よ~いドン!」、雑誌「美ST」ほか、ラジオ、新聞など多数のメディアに出演。
初の書籍『モテるメール術』が発売中

白鳥 女子会のプロデューサーって、大変じゃないですか。

KENJI 年間400回以上、4~5人くらい集まる女子会を開催していて、ナマの女性の雄叫びを聞いてるわ(笑)。

白鳥 本当に雄叫び多いですよね(笑)。最近の傾向など、流行りのネタはありますか?

KENJI ほら、もうクリスマス、近いじゃないですか~。恋愛をしたがっている女性はいても、じつはクリスマスケーキといっしょで、26日(26歳)になると売れなくなっちゃう。24、25歳までは異性にいっぱい声をかけられるのに~。

白鳥 お見合いでも傾向は同じかも。32歳女性と26歳女性が登録していたとして、26歳女性は毎日10人ほど申し込みが来るのに、32歳は月に3~4人。

 男性が女性を見るのは、「顔」「年齢」なんですよね。

KENJI 女性は「物件探し」と似ていて、3LDKに住んでた人が1LDKに住めないのといっしょ。男性は「胸がたわわだな」「顔がきれいだな」みたいに、数値化できるところしか見ないんですよ。その点、女性は内面を見てますよね。

白鳥 そう!「外見と年収で選んだんじゃないの?」と言われても、「違うよ、中身」だと女性は言う。その証拠に「メール」を見せてくるんですよね。