ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ワークス研究所の労働市場最前線

就活のために構築したストーリーの呪縛
社会人のスタートで躓く「就活エリートの迷走」

豊田義博 [リクルート ワークス研究所 主幹研究員]
【第4回】 2011年2月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 現在の就活を巡る議論のほとんどは、多くの大学生が「就職することができない」「就職活動に苦戦し、学業がおろそかになる」といった、就職弱者にスポットを当てたものになっている。しかし、それらの事の本質は、大卒労働市場の量的・質的変容によるものであり、企業の求人状況や選考方法などの「就活そのもの」に起因するものではない。

就活に対するステレオタイプな
認識を改める必要

 確かに、卒業しても就職も進学もしていない新卒無業者は近年再び増加し、2010年卒では卒業者の16%に及んでいる(学校基本調査/文部科学省より)。就職氷河期の再来と叫ぶ声が随所に上がっている。

 しかし、2011年卒の大卒求人予定数は、実は氷河期ピークの1996年卒の1.5倍もある。今は主要企業が採用を凍結したような当時とは様相が異なるのだ。また、数年前に比して求人数が激減したことは事実だが、リーマンショック以前の新卒求人状況が、バブル期を上回る状況だったことに起因するものであり、また、求人倍率がその時期にさほど上昇しなかったのは、バブル当時に比べて大学生の数もこれまた1.5倍に膨れ上がっていたからだ。

 また、無業者、あるいはフリーターになっていく人の中には、働く意欲が低く、就職活動の波に乗って行けない「就活諦観層」も少なくない。対人、対自己などの基礎力や主体性、好奇心などのキャリア・アダプタビリティが十分に形成されていないためだ。企業が採用を絞り、意欲ある若者が就業機会を失しているというステレオタイプな認識は改める必要がある(図表1)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

豊田義博 [リクルート ワークス研究所 主幹研究員]

(とよだ よしひろ)1983年東京大学卒業後、リクルート入社。新卒採用広報の制作ディレクター、就職ジャーナル・リクルートブックなどの編集長を経て現職。主な著書に『就活エリートの迷走』(ちくま新書)、『新卒無業。』(共著/東洋経済新報社)、『「上司」不要論』(東洋経済新報社)などがある。
リクルート ワークス研究所ホームページ


ワークス研究所の労働市場最前線

超就職氷河期、非正規社員の比率の高まり、社内教育制度の限界など日本の労働市場は、大きな転換期にある。労働市場の研究所として名高いリクルート社のワークス研究所の研究員が、就職、転職、キャリアパス、制度問題など、労働市場を360度の視点から縦横に分析する。

「ワークス研究所の労働市場最前線」

⇒バックナンバー一覧